Naturing Thailand

 タイと仕事で関わりを持って25年以上が過ぎました。 昨年、病のため2度目の駐在からやむなく帰国。 また、タイに行きたいと思っています。 はじめはタイで遺跡や仏像を中心に撮っていましたが、いつのまにか蝶や動植物が主になってしまいました・・・

 Kanchanaburi

オオアシナガシジミ(Miletus ancon) in Tong Pha Phum, 2016

720_4392
<09Apr'2016,Thong Pha Phum> 以下同左

 今日も同じトレイルで、同じ日に撮影した、
オオアシナガシジミ(Miletus ancon ancon, CN:Divided Broenie)
です。

720_4389

 蟻まみれの場所に執着していましたので、メスでしょうか?

ウスアオエビアシシジミ(Allotinus subviolaceus) in Thong Pha Phum, 2016

720_4194
<09Apr'2016,Thong Pha Phum> 以下同左

 今日は、昨日までのムラサキシジミと同じトレイルで撮影した、
ウスアオエビアシシジミ(Allotinus subviolaceus manychus, CN:Blue Darkie)
です。

720_4191

 タイ在住中良く通ったKhao Yai国立公園で良く見かけた、A.unicolor と雰囲気が何となく違うなと思い観察、撮影しておきました。
 前翅表の中央がやや青白く見えます・・って、ちゃんとした翅表の写真も付けないとだめですよね。

 宿題としておきます。


コイツヤムラサキシジミ(Arhopala agaba) in Thong Pha Phum, 2016

720_4604
<09Apr'2016,Thong Pha Phum>

 今日も、Kanchanaburiの同じトレイルで撮影した、
コイツヤムラサキシジミ(Arhopala agaba, CN:Purple-glazed Oakblue)
です。

 写真は冒頭の1枚だけです。

 たまたま、昨日も言及させていただいた YI さんが同定して下さったので記事にできましたが、だいたい森林のトレイルで出会うAhopalaはこんな一瞬証拠写真ばかり貯めさせてくれる憎い子たちです。

フチナシムラサキシジミ(Arhopala arvina) in Thong Pha Phum, 2016

720_4330
<09Apr'2016,Thong Pha Phum> 以下同左

 今日は昨日に続き、同じトレイルで撮影したムラサキシジミの仲間、
フチナシムラサキシジミ(Arhopala arvina aboe, CN:Purple Brown Tailless Oakblue)
です。

720_4331

 これしか写真が撮れていないのですが、同行してくれたチェンマイ在住の蝶の研究家YIさんは種の同定を手伝ってくれました。
 
 いつもありがとうございます。


 


フタイロコガタムラサキシジミ(Arhopala muta) in Thong Pha Phum, 2016

720_4225
<09Apr'2016,Thong Pha Phum> 以下同左

 今日は、KanchanaburiのThong Pha Phum郡のオオムラサキワモンチョウ(S.godfreyi)の舞うトレイルで撮影した、
フタイロコガタムラサキシジミ(Arhopala muta merguiana)
です。

720_4222

 先週、同所で撮影できた バロムラサキシジミ(A.varro)を紹介しましたが、他にも何種かArhopalaがトレイル沿いを飛んでいました。


アクセスカウンター

    livedoor プロフィール
    Facebookページ
    最新コメント
    記事検索
    カテゴリ別アーカイブ
    メッセージ
    参考累計アクセス数(含FC2)
    アクセスカウンター
    アクセス数(Livedoorへ引越後)
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    • ライブドアブログ
    トップに
    戻る