Naturing Thailand

 タイと仕事で関わりを持って25年以上が過ぎました。 昨年、病のため2度目の駐在からやむなく帰国。 また、タイに行きたいと思っています。 はじめはタイで遺跡や仏像を中心に撮っていましたが、いつのまにか蝶や動植物が主になってしまいました・・・

 Chantaburi

ヤシセセリ(Hidari irava) in Chantaburi 2015

 今日は、Chantaburi市郊外のゴム園の奥で撮影した、
ヤシセセリ(Hidari irava , CN:The Greasy Palmer, The Coconut Skipper)
です。


<21Jun'2015, Chantaburi>

 ヤシの葉を食べる害虫として知られる本種は、タイ国内では半島部と東部海岸沿いに記録があります。
 今年は、遠いと思って遠征していなかった東部Chantaburi県に何度か出かけましたので、こうしたタイ中部ではあまり見られないチョウも結構撮影ができました。
 雨季が明けたら、月1、2回は出かけたいと思っています。

クロミャクアカメセセリ(Matapa sasivarna) in Chantaburi 2015

 今日は、Chantaburi市郊外のゴム園の奥の低山で撮影した、
クロミャクアカメセセリ(Matapa sasivarna , CN:Black-veined Redeye)
です。


<17May'2015, Chantaburi> 以下同左

 この子との出会いはほとんどの場合薄暗い林縁や、トレイルです。
 赤い眼とオレンジの縁取りだけが目立つようなシーンです。
 ストロボを焚かないと写せないような場合がほとんどで、ストロボを焚くと頭から胸にかけての毛の青が強調され、翅が妖しく青黒く写ってしまいます。
 肉眼で見た実物は、もっと黒く、翅はビロードのように艶やかです。
 この時も歴代デジタルカメラの中でも高感度性能が特に高いD3Sで撮影していましたが、やはりストロボを使ってしまいました。
 もっとカメラの高感度性能が進化しないとこうした艶は撮れないでしょうね。 

 好きなセセリチョウの一つですが、数はあまり多くないです。






キモンチャバネセセリ(Polytremis lubricans) in Chantaburi 2015

 今日は、Chantaburi市郊外で撮影した、
キモンチャバネセセリ(Polytremis lubricans lubricans , CN:Contiguous Swift)
です。


<13Jun'2015, Chantaburi>

 タイ中部ではごく普通で、数も多いセセリチョウです。


フトスジアカメセセリ(Matapa druna) in Chantaburi 2015

 今日は、昨日の記事の子を撮影した近くで撮影した、
フトスジアカメセセリ(Matapa druna , CN:Dark-band Redfye)
です。


<20Jun'2015, Chantaburi> 以下同左

 実は性標がはっきり見れていないので、昨日のM.aria との違いにちょっと自信がありませんが、ぼやけた飛び立ちの写真でやや太い性標が見られたので、この種と判断しました。






アカメセセリ(Matapa aria) in Chantaburi 2015

 今日は、Chantaburi市郊外で撮影した、
アカメセセリ(Matapa aria , CN:Common Redeye)
です。


<20Jun'2015、Chantaburi> 以下同左

 最も一般的な赤目のセセリチョウです。


アクセスカウンター

    livedoor プロフィール
    Facebookページ
    最新コメント
    記事検索
    カテゴリ別アーカイブ
    メッセージ
    参考累計アクセス数(含FC2)
    アクセスカウンター
    アクセス数(Livedoorへ引越後)
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    • ライブドアブログ
    トップに
    戻る