Naturing Thailand

 タイと仕事で関わりを持って25年が過ぎました。 現在2度目の駐在中です。 遺跡や仏像を中心に撮っていましたが、最近は健康のために始めたトレッキング中に撮るようになった蝶や動植物が主になってきました。 (・・・と、記していましたが、すっかりチョウの紹介Blogになってしまいました・・・)

 Doi Chiang Dao NP

ヒョウマダラヤマネコセセリ(Odina decoratus) in Chiang Mai 2015

 今日は、
ヒョウマダラヤマネコセセリ(Odina decoratus, CN:The Zigzag Flat)
です。

 カオヤイ国立公園でも時々見かけますが、いつ見ても目を奪われます。
 大型で良く目立つし、美しいセセリチョウです。
 特にこの日の子は新鮮でとてもきれいな個体でした。

 この日は、チビイシガケチョウと2ショットを見せてくれました。


<15Feb'2015, Cjian Mai> 以下同左






続きを読む

クロエグリバセセリ(Tapena thwaitesi) in Chiang Mai 2015

 今日は、
クロエグリバセセリ(Tapena thwaitesi minuscula, CN:Black Angle)
です。

 昨日一昨日のカワラセセリ属やタイ中部で良く見かけるエグリバセセリ(Odontoptilum angulataと翅の形や行動がそっくりですが、どうちらとも属が異なり、一属一種のセセリチョウです。

 昨日一昨日のカワラセセリの仲間と同じところに吸水にやって来て、近くで吸水していました。


<15Feb'2015, Chiang Mai> 以下同左






カバイロカワラセセリ(Ctenoptilum vasava) in Chiang Mai 2015

 今日は、
カバイロカワラセセリ(Ctenoptilum vasava vasava, CN:Tawny Angle)
です。

 昨日のカワラセセリと同属でそっくりです。
 違いと言えば、やや斑紋が違うのと、前翅表の外縁部の色がやや橙色がかっていることくらいでしょうか。

 昨日のカワラセセリを撮影しているのと同じところに同じようにやって来て同じように地面に張り付いて吸水していました。


<15Feb'2015, Chiang Mai> 以下同左











 

カワラセセリ(Ctenoptilum multiguttatum) in Chiang Mai 2015

 今日は、
カワラセセリ(Ctenoptilum multiguttatum, CN:Multispot Angle)
です。

 黄土色の地色に特徴的な白い紋。
 地面に張り付くように止ります。
 最初周りのみなさんに、居る居ると言われても分かりませんでした。
 ちょっと目を放すと、またどこにいるか分からなくなるというぐらい地面に同化していました。

 タイ全土に居ると言われますが、タイ中部ではあまり見かけません。

 
<15Feb'2015, Chiang Mai> 以下同左






続きを読む

ルリシジミモドキ(Bothrinia chennellii) in Chiang Mai 2015

 今日は、今年の2月にチェンマイを中心とした北タイでで撮影したシジミチョウの最後、
ルリシジミモドキ(Bothrinia chennellii celastroides, CN:Hedge Cupid)
です。

 タイでは北部の山地にしか分布しておらず、今年初めて撮影することができました。

 翅の裏面がやや青みがかった灰色のルリシジミたちと異なり、ややベージュがかった白い翅裏をしています。

 2頭撮影できましたが、いずれも足長で腰が高く、繊細な感じがしました。


<20Feb'2015, Chiang Mai>


<15Feb'2015, Chiang Mai>


<15Feb'2015, Chiang Mai>
アクセスカウンター

    livedoor プロフィール
    Facebookページ
    最新コメント
    記事検索
    カテゴリ別アーカイブ
    メッセージ
    参考累計アクセス数(含FC2)
    アクセスカウンター
    アクセス数(Livedoorへ引越後)
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    • ライブドアブログ
    トップに
    戻る