Naturing Thailand

 タイと仕事で関わりを持って25年以上が過ぎました。 昨年、病のため2度目の駐在からやむなく帰国。 また、タイに行きたいと思っています。 はじめはタイで遺跡や仏像を中心に撮っていましたが、いつのまにか蝶や動植物が主になってしまいました・・・

 Khao Soi Dao WS

ベンガルキコモンセセリ(Celaenorrhinus putra) in Khao Soi Dao 2015

 今日は、Khao Soi Dao自然保護区で撮影した、
ベンガルキコモンセセリ(Celaenorrhinus putra sanda , CN:The Bengal Spotted Flat)
です。


<16May'2015, Khao Soi Dao WS> 以下同左

 白髭のキコモンセセリです。
 分布は局所的なようで、初めて撮影できました。

 従来タイ中部の記録は無かったにもかかわらず、昨年末にKhao Yai 国立公園で偶然に撮影できた Celaenorrhinus patula と髭が白いのも翅の斑紋もそっくりです。
 しかし、C.patula が前翅外縁の長さが内縁(後縁)より短くて、大半のキコモンセセリの翅の形状と同じなのに、こちらの C.putra は、前翅外縁と内縁の長さがほぼ同じで、翅全体が横に長く尖った印象です。
 この辺りは、木村図鑑などの記述の通りでした。

 両種ともタイ中部の分布記録がぽっかりと空いていますが、昨年の C.patula の例もあり、奥の深いKhao Yai や Pang Sida でも見つけられるかもしれませんね。










モンアケボノセセリ(Capila hainana) in Kao Soi Dao 2015

 今日は、昨日につづいてKhao Soi Dao野生保護区で撮影した Capila ,
モンアケボノセセリ(Capila hainana hainana , CN:The Spot Dawnfly)
です。


<25Apr'2015, Khao Soi Dao WS> 以下同左

 本亜種は、大陸部ではタイ北部と東南部しか記録が無いようです。

 薄暗いトレイル内の、昨日の子とほぼ同じようなところに飛んできて、やはり木の葉裏に止まりました。
 レンズをあっちこっちと向けて何とか撮れた写真です。
 この子も、綺麗に撮り直したいですね。




ツチイロアケボノセセリ(Capila phanaeus) in Khao Soi Dao 2015

 今日、明日は、Khao Soi Dao野生保護区で撮影したアケボノセセリ(Capila ) の仲間です。
 まず今日は、
ツチイロアケボノセセリ(Capila phanaeus falta , CN:The Fulvous Dawnfly)
です。


<25Apr'2015, Khao Soi Dao WS> 以下同左

 4月に蝶友のSupat君に案内してもらい、ツマジロワモンチョウタイ東南部亜種(Stichophthalma louisa siamensis )を撮影に行った森の中のトレイルの特に薄暗いところで明日の子と一緒に撮影できました。
 暗い中をビューンと飛んできて、頭上の暗い葉裏に止るのが見え、近寄って頭上を探すと居ました。
 真っ暗なのでストロボを焚きましたが、木の枝や葉が重なっていてなかなか良いアングルをとれず、今日のような写真しか撮れませんでした。
 また、撮影に挑戦したいですね。

 木村図鑑ではタイ国内で6つの亜種が記録されており、その上地域変異や季節変異もあり、今後分類が変わるかもしれないですね。








ベニシロチョウ(Appias nero) ♀ in Khao Soi Dao WS 2015

 今日は、Khao Soi Dao 野生保護区で撮影できた、
ベニシロチョウ(Appias nero figulina , CN:The Orange Albatross)
です。


<16May'2015, Khao Soi Dao WS> 以下同左

 昨日の記事で、♂が吸水に来るのは時々見かけると書きましたが、♀はまず吸水に来ないし、どこでも滅多に会うことがありません。
 今年5月に、蝶友のSupat君の案内で、いつものバンコクのおじさん3人にチェンマイからはるばるやって来たYIさんが加わって、タイ東南部のChantaburi県に探チョウに出かけました。
 午前中、Stichophthalma cambodia を別の場所で撮影し、午後にStichophthalma louisa のタイ東南部亜種(ssp.siamenesis )を撮影するために、Khao Soi Dao 野生保護区に移動して、さあトレイルに入ろうという手前の草原で吸蜜するこの♀に出会いました。












続きを読む

オウサマワモンチョウ(Thauria lathyi) in Chantaburi 2015

 今日は、昨日の子を撮影したところのすぐ近くの滝の手前やChantaburi郊外のゴム園の奥で撮影した、
オウサマワモンチョウ(Thauria lathyi siamensis , CN:The Siam Jungleking)
です。


<Apr~Jun'2015, Khao Soi Dao> 以下同左

 この亜種は、Chantaburiを中心としたタイ東部の特産亜種のようです。

 ただ正直に言いますと私には、亜種の違いとこの種にそっくりの T.aliris との違いも実はよく分りません。
 分かるほど出会っていないし、きちんと撮影できていません。





続きを読む
アクセスカウンター

    livedoor プロフィール
    Facebookページ
    最新コメント
    記事検索
    カテゴリ別アーカイブ
    メッセージ
    参考累計アクセス数(含FC2)
    アクセスカウンター
    アクセス数(Livedoorへ引越後)
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    • ライブドアブログ
    トップに
    戻る