Naturing Thailand

 タイと仕事で関わりを持って25年が過ぎました。 現在2度目の駐在中です。 遺跡や仏像を中心に撮っていましたが、最近は健康のために始めたトレッキング中に撮るようになった蝶や動植物が主になってきました。 (・・・と、記していましたが、すっかりチョウの紹介Blogになってしまいました・・・)

 キシタアゲハ属

キシタアゲハ(Troides aeacus) と ヘレナキシタアゲハ(Troides helena)の2ショット吸水 in Nam Nao NP 2015

 一昨日、昨日の続きです。
 5月にNam Nao 国立公園の川辺で見られたヘレナキシタアゲハ、キシタアゲハの吸水2ショットです。
 
 タイ中部、特にバンコク周辺はキシタアゲハが圧倒的に多く、ヘレナキシタアゲハを見る機会が少ない上に、キシタアゲハやその同属が吸水する姿を見ることは極まれでした。 
 バンコク在住者にはとても珍しい光景を撮影できました。


<31May'2015, Nam Nao NP> 以下同左
 左がヘレナキシタアゲハで、右がキシタアゲハです。








 これも左がヘレナキシタアゲハで、右がキシタアゲハです。


 この写真では、左がキシタアゲハで右がヘレナキシタアゲハです。


 この写真以下の写真では、左がヘレナキシタアゲハで右がキシタアゲハです。








 

キシタアゲハ(Troides aeacus) in Nam Nao NP 2015

 今日は、昨日の記事の続きで Nam Nao 国立公園で撮影した吸水する、
キシタアゲハ(Troides aeacus aeacus, CN:The Golden Birdwing)
オスです。


<31May'2015, Nam Nao NP> 以下同左








 
続きを読む

ヘレナキシタアゲハ(Troides helena) in Nam Nao NP 2015

 今年2月北タイで撮影した蝶は、セセリチョウ科の紹介が残っていますが、今日から北タイの蝶はちょっとお休みして、今年前半に撮影したアゲハチョウ科の蝶の紹介をします。

 まず今日は、NamNao国立公園で撮影した、
ヘレナキシタアゲハ(Troides helena cerberus, CN:The Common Birdwing)
オスです。

5月に2回訪れたタイ中央北部のNam Nao 国立公園で、このヘレナキシタアゲハ、明日紹介のキシタアゲハ、そしてこの両者が一緒に吸水する姿を見ることができました。

 タイ中部で私が良く撮影に出かけていたナムトクサムラン国立公園やカオヤイ国立公園、ゲンカチャン国立公園ではキシタアゲハはそれほど珍しくはありませんし、ヘレナキシタアゲハも極たまに見かけます。
 しかし、独特の飛び方で高いところを飛んでいく姿や、朝夕産卵場所に集まるメスとそこにメスを求めてやって来るオス、ランタナなどで忙しなく吸蜜する姿を見ることがほとんどで、吸水する姿を見たことは、ほんの数回しかありませんでした。

 それがこの5月、Nam Nao国立公園の河原で、複数頭のヘレナキシタアゲハやキシタアゲハとの2ショットで吸水する姿を毎回見ることができました。


<May'2015, Nam Nao NP> 以下同左




 3頭ともヘレナキシタアゲハです。
 こんな贅沢なシーンが見られるとは思っていませんでした。











  
続きを読む

キシタアゲハ in Kaeng Krachan 国立公園 2014

 今日は、Kaeng Krachan 国立公園で昨年6月に撮影した、
キシタアゲハ(Troides aeacus aeacus、英名:The Golden Birdwing)
のメスです。

 タイ国内最大の蝶ですね。

 その迫力も派手な黒地に黄色の翅模様も何度であっても目が釘づけになってしまいます。


<15Jun'2014, Kaeng Krachan NP> 以下同左


















 

朝夕のキシタアゲハ(オス、メス)

 今日は、
キシタアゲハ(Troides aeacus aeacus、英名:The Golden Birdwing)
です。

 日中は高いところを悠々と飛ぶ姿を見かけますが、吸蜜などに降りて来る機会は滅多にありません。
 吸水するところも見たことが無いです。

 ところが、朝や夕方に林のねぐらに戻る前や、林から出てきたばかりの時は、今日の写真のように木の葉に停まることがたまにあるんですね。
 今日の写真はそういうチャンスに撮影した写真です。

 オスがホバリングなどをして羽ばたく姿は、昨年3月の記事をご覧ください。

 まずはカオヤイ国立公園で、朝8時前からヒューイトソンキララシジミのオスの降臨を待っている時にヒョッコリやって来てきて陽の当たるところに停まったメスです。
7a1d667f.jpg

<02Dec'2012, Khao Yai NP, D3S>

 ここから後は、先々週のモリノオナガシジミのオスとおなじく、シャマキマダラルリツバメのオスのディスプレーを空振ったサラブリの落日の中で撮影したオスです。
ac4286ad.jpg

<29Dec'2012, Saraburi, D3S>

ffefb35b.jpg

<29Dec'2012, Saraburi, D3S>

a513f1cb.jpg

<29Dec'2012, Saraburi, D3S>

08630cba.jpg

<29Dec'2012, Saraburi, D3S>

6ad17656.jpg

<29Dec'2012, Saraburi, D3S>

b2722a7f.jpg

<29Dec'2012, Saraburi, D3S>

d2b37660.jpg

<29Dec'2012, Saraburi, D3S>

d60553f7.jpg

<29Dec'2012, Saraburi, D3S>

b856fd67.jpg

<29Dec'2012, Saraburi, D3S>

43c0ec32.jpg

<29Dec'2012, Saraburi, D3S>

14c84bc7.jpg
<29Dec'2012, Saraburi, D3S>
アクセスカウンター

    livedoor プロフィール
    Facebookページ
    最新コメント
    記事検索
    カテゴリ別アーカイブ
    メッセージ
    参考累計アクセス数(含FC2)
    アクセスカウンター
    アクセス数(Livedoorへ引越後)
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    • ライブドアブログ
    トップに
    戻る