Naturing Thailand

 タイと仕事で関わりを持って25年が過ぎました。 現在2度目の駐在中です。 遺跡や仏像を中心に撮っていましたが、最近は健康のために始めたトレッキング中に撮るようになった蝶や動植物が主になってきました。 (・・・と、記していましたが、すっかりチョウの紹介Blogになってしまいました・・・)

 ポンピング、その他

アオスソビキアゲハのポンピング in Kaeng Krachan

 今年二つ目の記事は、
アオスソビキアゲハ(Lamproptera meges virescens、CN:The Green Dragontail )
のポンピングです。

 熱帯アジアでは極ありふれたシーンですが、いつ見ても楽しくなりますね。


<24May’2014, Kaeng Krachan NP> 以下同左






アオスソビキアゲハのポンピング2013 その2

 昨日の続き、アオスソビキアゲハ(Lamproptera meges)のポンピングです。
 
 今日は、クリークの岸辺に近い浅いところで直接口吻を水の中に入れて吸い上げた水を、思いっきり飛ばしているのを広角レンズで撮影した写真と動画です。

4b53bdd8.jpg

<03Feb'2013, Petchaburi, V1>

843c57a4.jpg

<03Feb'2013, Petchaburi, V1>

55f64ec0.jpg

<03Feb'2013, Petchaburi, V1>

 動画です。





 再び写真です。
359300b9.jpg

<03Feb'2013, Petchaburi, V1>

c7422502.jpg

<03Feb'2013, Petchaburi, V1>

シロスソビキアゲハのポンピング in Khao Yai 2012

 今日は、
シロスソビキアゲハ(Lamproptera curius curius、英名:The White Dragontail)
オスのポンピングです。

 カオヤイ国立公園に何箇所かあるゾウの塩舐め場に雨季にできる水たまりには、モンキアゲハの仲間、アオスジアゲハの仲間、ルリマダラなどの蝶が良く吸水に集まります。

 シロスソビキアゲハもそうした蝶の一つで、派手に飛ばすポンピングで楽しませてくれます。

 先月、お盆休みでカオヤイに来ていたSさんにも見せてやろうと、下調べに行った時の写真が、1、2枚目。
 その後は、Sさんに同行したときに撮影した写真です。

a018c914.jpg

<Aug 2012, Khao Yai NP, D3S>

32c2473b.jpg

<Aug 2012, Khao Yai NP, D3S>
 この1、2枚目のように翅を閉じて、長い翅の裾がおしっこで濡れないように、心持持ち上げてオシッコを飛ばす姿が普通です。

 でも、Sさんと同行した日は、みんな地面に停まると翅を広げ、そのままの格好でポンピングしていました。
 雨季には時々目にする光景でした。
b7a3b0c4.jpg

<Aug 2012, Khao Yai NP, V1FT1>

be405688.jpg

<Aug 2012, Khao Yai NP, V1FT1>

d5bbd2b8.jpg

<Aug 2012, Khao Yai NP, V1FT1>

caf58816.jpg

<Aug 2012, Khao Yai NP, V1FT1>

7ff113ba.jpg

<Aug 2012, Khao Yai NP, V1FT1>

アオスソビキアゲハ その4(寒季のぺブリのアゲハ蝶のポンピング その3)

 引き続きぺブリ県の山岳地帯の国立公園のこの時期のアゲハチョウのポンピングです。
 今日は、
アオスソビキアゲハ(Lamproptera meges virescens、英名:The Green Dragontail )
のオシッコと、その美しい独特の姿です。

 知る限り最も雄大なオシッコを飛ばします。
 長い尾状突起を伸ばして、やや持ち上げるとオシッコが始まります。
 うまく尾状突起にかけないものですね。

 翅の青い色がほんのりとしているところが素敵ですね。

 この国立公園の蝶の吸水の定番の場所、クリークと登山道路が交差するところでの吸水です。

 まずオシッコ写真3連発。
6000aca0.jpg

<11/12/12撮影 ぺブリ県 D3S-DX VR 300mmF/2.8G ×1.7>

d1952b31.jpg

<11/12/12撮影 ぺブリ県 D3S-DX VR 300mmF/2.8G ×1.7>

0042314d.jpg

<11/12/12撮影 ぺブリ県 D3S-DX VR 300mmF/2.8G ×1.7>

3fdde87e.jpg

<11/12/12撮影 ぺブリ県 D3S VR 300mmF/2.8G ×1.7>

b3844d02.jpg

<11/12/12撮影 ぺブリ県 D3S VR 300mmF/2.8G ×1.7>

048a0294.jpg

<11/12/12撮影 ぺブリ県 D3S VR 300mmF/2.8G ×1.7>

f90a777c.jpg

<11/12/12撮影 ぺブリ県 D3S VR 300mmF/2.8G ×1.7>

fd9bc700.jpg

<11/12/12撮影 ぺブリ県 D3S VR 300mmF/2.8G ×1.7>

3758d903.jpg

<11/12/12撮影 ぺブリ県 D3S VR 300mmF/2.8G ×1.7>

5e8e2160.jpg

<11/12/12撮影 ぺブリ県 D3S-DX VR 300mmF/2.8G ×1.7>


 今日の写真のExif情報の詳細が必要な方は、フォト蔵‐アオスソビキアゲハ その4 でご確認ください。

 

寒季のぺブリのアゲハ蝶のポンピング その1

 10月いっぱい雨季封鎖されていたぺブリ県の山岳地帯の国立公園。
 洪水の影響で、カオヤイやサラブリ県などバンコクより北にあるフィールドに行くのが大変だったこともあり、11月はアクセス路がほとんど冠水していなかった西南部のこの公園に行っていました。
 
 今日は、おもに公園内のクリークに昨年作られた砂防ダムの上流の中洲で吸水していたアゲハ蝶たちのポンピングシーンです。
 今日は、まず派手にオシッコを飛ばす以下のGraphium属のアゲハたちです。
アンティファテスオナガタイマイ(G.antiphates)
アゲテスオナガタイマイ(G.agetes)
キロンタイマイ(G.chironides)

 各アゲハの写真を明日から紹介後、その他のアゲハのポンピングを紹介します。

 Graphium属では、アリステウスオナガタイマイやミカドアゲハがこの公園では大吸水集団を作りますが、今日の3種はいずれも大集団を作らない方で、見かける機会もそう多くはない方です。
 たまたま、日本には居ない綺麗なGraphiumの少数派が、この日は目に付きました。

 まずは、アンティファテスオナガタイマイです。
d233fda6.jpg

<11/11/05撮影 ぺブリ県 D3S VR 300mmF/2.8G ×1.7 トリミング>
 オシッコも優雅に見えます。

 アゲテスオナガタイマイです。
9dcadf75.jpg

<11/11/06撮影 ぺブリ県 D300 NK Fisheye 10.5mm F/2.8G ×1.5 トリミング> 

 キロンタイマイです。
bbb09817.jpg

<11/11/05撮影 ぺブリ県 D3S VR 300mmF/2.8G ×1.7 トリミング>
 SS/1/1250にしたら、水滴になって写ってしまいます。
 上の2つの写真はSS1/250。
 オシッコを綺麗な線で撮るにはsSS1/250より遅い方がよさそうです。
アクセスカウンター

    livedoor プロフィール
    Facebookページ
    最新コメント
    記事検索
    カテゴリ別アーカイブ
    メッセージ
    参考累計アクセス数(含FC2)
    アクセスカウンター
    アクセス数(Livedoorへ引越後)
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    • ライブドアブログ
    トップに
    戻る