Naturing Thailand

 タイと仕事で関わりを持って25年が過ぎました。 現在2度目の駐在中です。 遺跡や仏像を中心に撮っていましたが、最近は健康のために始めたトレッキング中に撮るようになった蝶や動植物が主になってきました。 (・・・と、記していましたが、すっかりチョウの紹介Blogになってしまいました・・・)

 シジミタテハ亜科

ヒオドシシジミタテハ(Taxila haquinus) in Chiang Mai 2015

 今日は、
ヒオドシシジミタテハ(Taxila haquinus fasciata, CN:Harlequin)
です。

 タイ中部にも亜種違いがいます。
 今日の亜種はタイ北部、西部だけの亜種です。


<14Feb'2015, Chiang Mai> 以下同左














オナガシジミタテハ(Abisara neophron) in

 今日は、
オナガシジミタテハ(Abisara neophron chelina, CN:Tailed Judy)
です。

 タイ中部でもよく林縁で見かけます。
 葉上で踊るように歩き回って、止まる角度を頻繁に変えたり近くの別の葉に飛び移ったりと、撮影中結構イライラさせられるチョウの一つです。


<21Feb'2015, Chiang Mai> 

キオビシジミタテハ(Abisara fylla) in Chiang Mai 2015

 今日は、
キオビシジミタテハ(Abisara fylla, CN:Dark Judy)
です。

 この子も、タイの北部と西部の主に山岳にだけ記録があります。
 
 前翅の白い帯と後翅亜外縁部の黒いスポットが特徴ですね。
 まるで、明日紹介のタイ中部でもよく見かける Abisara neophron から尾状突起が無くすとこうなるといった感じですね。
 

<21Feb'2015, Chiang Mai> 以下同左






シロシジミタテハ(Stiboges elodinia) in 北タイ 2015

 今日は、
シロシジミタテハ(Stiboges elodinia, CN:Columbines)
です。

 図鑑で見て知ってはいましたが、撮影できるとは思っていなかったチョウです。
 今年の2月は、2回も会えました。
 いづれも、クリーク沿いの草むら、石の上などでした。


<Feb'2015, 北タイ> 以下同左








続きを読む

キコモンシジミタテハ(Dodona dipoea) in 北タイ 2015

 今日は熱帯のタイで寒さに震えながら撮影できた、タイ初記録らしい、
キコモンシジミタテハ(Dodona dipoea dipoea, CN:Lesser Punch)
です。

 撮影当初は昨日紹介の D.dracon だと思っていたのですが、その後案内してくれたチェンマイ在住のIさんから、翅の地色と紋様が微妙に違うということで、タイ国内初記録の D.dipoea ということになりました。

 昨日の子に確かにそっくりですが、それもそのはず、昨日の子は当初今日の D.depoea の亜種とされていましたので似ていて当然ですね。

 タイ国内最高峰の Doi Inthanon 山の山頂直下の標高2,450m地点で、ハルカゼアゲハの Doi Inthanon 山塊亜種を寒さに震えながら待っているときに撮影できました。
 この日はお天気が良い典型的な放射冷却で、撮影した場所の直ぐ上の2,600m弱の山頂の朝の気温は2℃。
 10時半、まだ気温は5℃くらいのところ、元気に飛んできてくれました。
 さすがに山岳地帯の住人でした。
 

<14Feb'2015, Doi Inthanon> 以下同左




アクセスカウンター

    livedoor プロフィール
    Facebookページ
    最新コメント
    記事検索
    カテゴリ別アーカイブ
    メッセージ
    参考累計アクセス数(含FC2)
    アクセスカウンター
    アクセス数(Livedoorへ引越後)
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    • ライブドアブログ
    トップに
    戻る