Naturing Thailand

 タイと仕事で関わりを持って25年以上が過ぎました。 昨年、病のため2度目の駐在からやむなく帰国。 また、タイに行きたいと思っています。 はじめはタイで遺跡や仏像を中心に撮っていましたが、いつのまにか蝶や動植物が主になってしまいました・・・

 シジミタテハ亜科(Riodininae)

シロオビシジミタテハ(Dodona deodata) in Nam Nao NP 2015

 今日は、Nam Nao 国立公園で撮影した、
シロオビシジミタテハ(Dodona deodata deodata , CN:The Ewhite Punch)
です。


<Mar,May'2015, Nam Nao NP> 以下同左

 Kaeng Krachan 国立公園やKhao Yai 国立公園でも極稀に会えますが、やはりタイ中央部から北が分布の中心。
 ここ、Nam Nao 国立公園では、水辺の近くでは必ずと言ってよいほど会えました。














続きを読む

ヒオドシシジミタテハ(Taxila haquinus) in Chiang Mai 2015

 今日は、
ヒオドシシジミタテハ(Taxila haquinus fasciata, CN:Harlequin)
です。

 タイ中部にも亜種違いがいます。
 今日の亜種はタイ北部、西部だけの亜種です。


<14Feb'2015, Chiang Mai> 以下同左














オナガシジミタテハ(Abisara neophron) in

 今日は、
オナガシジミタテハ(Abisara neophron chelina, CN:Tailed Judy)
です。

 タイ中部でもよく林縁で見かけます。
 葉上で踊るように歩き回って、止まる角度を頻繁に変えたり近くの別の葉に飛び移ったりと、撮影中結構イライラさせられるチョウの一つです。


<21Feb'2015, Chiang Mai> 

キオビシジミタテハ(Abisara fylla) in Chiang Mai 2015

 今日は、
キオビシジミタテハ(Abisara fylla, CN:Dark Judy)
です。

 この子も、タイの北部と西部の主に山岳にだけ記録があります。
 
 前翅の白い帯と後翅亜外縁部の黒いスポットが特徴ですね。
 まるで、明日紹介のタイ中部でもよく見かける Abisara neophron から尾状突起が無くすとこうなるといった感じですね。
 

<21Feb'2015, Chiang Mai> 以下同左






シロシジミタテハ(Stiboges elodinia) in 北タイ 2015

 今日は、
シロシジミタテハ(Stiboges elodinia, CN:Columbines)
です。

 図鑑で見て知ってはいましたが、撮影できるとは思っていなかったチョウです。
 今年の2月は、2回も会えました。
 いづれも、クリーク沿いの草むら、石の上などでした。


<Feb'2015, 北タイ> 以下同左








続きを読む
アクセスカウンター

    livedoor プロフィール
    Facebookページ
    最新コメント
    記事検索
    カテゴリ別アーカイブ
    メッセージ
    参考累計アクセス数(含FC2)
    アクセスカウンター
    アクセス数(Livedoorへ引越後)
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    • ライブドアブログ
    トップに
    戻る