Naturing Thailand

 タイと仕事で関わりを持って25年が過ぎました。 現在2度目の駐在中です。 遺跡や仏像を中心に撮っていましたが、最近は健康のために始めたトレッキング中に撮るようになった蝶や動植物が主になってきました。 (・・・と、記していましたが、すっかりチョウの紹介Blogになってしまいました・・・)

 モンキチョウ亜科

サリキチョウ(Eurema sari) in Chantaburi 2015

 今日は、Chantaburiで撮影した、
サリキチョウ(Eurema sari sodalis , CN:The Chocolate Grass Yellow)
です。


<16May'2015, Chantaburi> 以下同左

 今年5月に S.cambodia を撮影できたChantaburi県のクリークに架かるよく日の当たる橋の上に集まっていました。

 このキチョウはタイでは半島部とここ東南部が分布の中心になっています。
 Khao Yaiではまだ見たことが無いと思います。










続きを読む

タイリクアオジロキチョウ(Eurema novapallida) phukiwoana亜種 in Phu Khieo WS 2015

 今日は、Phu Khieo 野生保護区で撮影できた、
タイリクアオジロキチョウ(Eurema novapallida phukiwoana , CN:The Siamese Pale Grass Yellow)
です。


<27Mar'2015, Phu Khieo WS> 以下同左

 亜種名で分かるように、ルアンプラバン山地とドンパヤイェン山脈に特有の亜種です。
 と、同行したチェンマイ在のチョウの研究者YIさんが教えてくれました。

 2月に原名亜種をChiang Maiで撮影でき、3月末にはこの亜種を撮影できてしまいました。
 どちらもYIさんに案内していただいた結果です。
 YIさん、ありがとうございました。

 それにしても大した写真が撮れていませんね。
 いつか撮り直しに行って来ます。




タイリクアオジロキチョウ(Eurema novapallida novapallida) in Chiang Mai 2015

 今日は、
タイリクアオジロキチョウ(Eurema novapallida novapallida)
です。

 地色がすっきりしていてなかなか綺麗なキチョウでした。


<20Feb'2015, Chiang Mai> 

メスシロキチョウ(Ixias pyrene yunnanensis) in Chiang Mai 2015

 今日は、タイ中部に居る子の亜種違い、
メスシロキチョウ(Ixias pyrene yunnanensis, CN:Yellow Orange Tip)
です。

 タイ中部で見られる亜種とは異なり、かなり黄色みが強くなっています。

 って、翅表が撮れてないと裏面だけでは違いが分かりませんね。
 翅表の写真は宿題にさせてください。


<20Feb'2015, Chiang Mai> 以下同左






キシタウスキシロチョウ in Namtok Samlan 国立公園

 今日はやはり翅表を撮影するのがとても難しい、
キシタウスキシロチョウ(Catopsilia scylla cornelia, CN:Orange Emigrant)
です。

 昨日のクロテンシロチョウと同じく、V3のパスト連写機能を使って撮影しています。
 明るいところでは非常に楽チンです。

 カオヤイ山系の西の端にあり、バンコクから最も近い国立公園、Namtok Samlan 国立公園で撮影しました。


<03Jan'2015, Namtok Samlan NP> 以下同左










続きを読む
アクセスカウンター

    livedoor プロフィール
    Facebookページ
    最新コメント
    記事検索
    カテゴリ別アーカイブ
    メッセージ
    参考累計アクセス数(含FC2)
    アクセスカウンター
    アクセス数(Livedoorへ引越後)
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    • ライブドアブログ
    トップに
    戻る