Naturing Thailand

 タイと仕事で関わりを持って25年以上が過ぎました。 昨年、病のため2度目の駐在からやむなく帰国。 また、タイに行きたいと思っています。 はじめはタイで遺跡や仏像を中心に撮っていましたが、いつのまにか蝶や動植物が主になってしまいました・・・

 シロチョウ亜科

ベニシロチョウ(Appias nero) ♀ in Khao Soi Dao WS 2015

 今日は、Khao Soi Dao 野生保護区で撮影できた、
ベニシロチョウ(Appias nero figulina , CN:The Orange Albatross)
です。


<16May'2015, Khao Soi Dao WS> 以下同左

 昨日の記事で、♂が吸水に来るのは時々見かけると書きましたが、♀はまず吸水に来ないし、どこでも滅多に会うことがありません。
 今年5月に、蝶友のSupat君の案内で、いつものバンコクのおじさん3人にチェンマイからはるばるやって来たYIさんが加わって、タイ東南部のChantaburi県に探チョウに出かけました。
 午前中、Stichophthalma cambodia を別の場所で撮影し、午後にStichophthalma louisa のタイ東南部亜種(ssp.siamenesis )を撮影するために、Khao Soi Dao 野生保護区に移動して、さあトレイルに入ろうという手前の草原で吸蜜するこの♀に出会いました。












続きを読む

ベニシロチョウ(Appias nero) ♂ in Kaeng Krachan NP 2015

 今日は、Kaeng Krachan 国立公園で撮影した、
ベニシロチョウ(Appias nero figulina , CN:The Orange Albatross)
です。


<08Mar'2015, Kaeng Krachan NP> 以下同左

 あまり多くはありませんが、♂が水辺に吸水に来るのを時々見かけます。
 この日は、十分明るかったので飛び立ちを撮ってみました。










 

続きを読む

モンシロチョウ(Pieris rapae) in Chiang Mai 2015

 昨年に続き本年2月にチェンマイを2回訪問し、北タイの蝶たちを撮影してきました。
 このところ紹介しているのは今年撮影したなかで、昨年撮影できていなかった種や紹介していなかった種です。
 この先も、そうした蝶を少しの間紹介していきます。

 ということで今日は、タイに来て初めて撮影できた、
モンシロチョウ(Pieris rapae orientalis, CN:Cabbage White)
です。

 北タイだけでなく、カオヤイ国立公園にも定着するようになったタイワンモンシロチョウと異なり、北タイにしか定着していないようです。


<15Feb'2015, Chiang Mai> 以下同左








アサギシロチョウ in Kaeng Krachan国立公園 2014

 今日、とある国立公園のトレイルで森の宝石 ルリヤイロチョウ(Blue Pitta)に2回も会えました。
 蝶撮り機材しか持っていなかったし、ストロボ焚くのも嫌だから、そのまま観察だけして帰って来ましたが、こんなに運の良い日もあるんだなと思いながら蝶も探しましたが、お天気悪くてさっぱりでした。
 ルリヤイロチョウ(Blue Pitta)は、渡りをするヤイロチョウやアオバネヤイロチョウと違って流暢ですので1年中見られると言っても滅多に会えません。
 私もここでは1度しか見かけたことがありません。
 この時期、タイは乾期にはいってほぼ3か月、フウタバガキなどの乾燥落葉性の木が葉を落として、山は乾燥した枯葉が積もっています。
 コソ、コソ、コソコソというヤイロチョウがミミズ採りに歩く音がこの時期は聞こえるんですね。

 本題です。

 今日は、別の種(P.anais)のやけに黄色の濃いメスだなと思って撮ってあった、
アサギシロチョウ(Pareronia valeria lutescens, CN:The Malayan Wanderer)
メスです。

 昨年末にKaeng Krachan 国立公園で見かけ、後翅の黄色がやけに濃いなと思って撮影したPareroniaです。
 P.anaisだとばかり思っていたのですが、よく見たらP.valeriaでした。

 『タイ国の蝶(木村勇之助コレクション)のvol.1』などによると北限はRanong周辺とありましたので、ここにはP.anaisしかいないと思っていましたので、気づくのに1か月もかかってしまいました。
 
 これを機に過去写したPareroniaを見てみましたが、今まで撮影できたメスはすべてP.anaisのようです。
 オスはというと、やはりすべてP.anaisのような気がしますが、ちょっと見では違いがよく分りません。
 もう少し良く調べたいと思います。

 他にも北上してきている蝶がここにはまだまだいるんでしょうね。


<20Dec'2014, Kaeng Krachan NP> 以下同左






クロテンシロチョウ in kaeng Krachan 国立公園

 今日は地味なシロチョウ、
クロテンシロチョウ(Leptosia nina nina, CN:Psyche)
です。

 道路脇や林縁の明るい日陰をフワフワ舞う様に飛んでいる姿を良く見かけます。
 他のシロチョウ類が日向が大好きなのと異なり、だいたい陽が直接当たらないところを好むようです。

 止ると全く翅を開いてくれず、翅表を撮影するのが結構面倒な蝶です。


<22Jun'2014, Kaeng Krachan NP>


<22Jun'2014, Kaeng Krachan NP>


<22Jun'2014, Kaeng Krachan NP>


<17Jan'2015, Kaeng Krachan NP> 以下同左






続きを読む
アクセスカウンター

    livedoor プロフィール
    Facebookページ
    最新コメント
    記事検索
    カテゴリ別アーカイブ
    メッセージ
    参考累計アクセス数(含FC2)
    アクセスカウンター
    アクセス数(Livedoorへ引越後)
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    • ライブドアブログ
    トップに
    戻る