Naturing Thailand

 タイと仕事で関わりを持って25年以上が過ぎました。 昨年、病のため2度目の駐在からやむなく帰国。 また、タイに行きたいと思っています。 はじめはタイで遺跡や仏像を中心に撮っていましたが、いつのまにか蝶や動植物が主になってしまいました・・・

 野生蘭

Eulophia spectabilis(野生欄) in Chiang Mai May'2014

 昨日までチェンマイのアゲハチョウの紹介を2週間続けました。
 今日は中休みで、タイ北部の野生欄、
Eulophia spectabilis
です。

 今月1日の、Doi Chiang DaoとTingさんの記事の2枚目のTingさんと知久さんをDoi Chiang Daoの山頂をバックに撮影した場所で咲いていました。

 控えめに半開きの綺麗な地生蘭で、草丈約50cmでした。

 来年も綺麗に咲く姿が見れるでしょうか?
 というのも、この記事を予約投稿で書いている今日(5月31日)、2週間前にもしやと思い、今日カオヤイ国立公園で確認できた悔しい出来事で、怒っているからです。

 昨年5月18日に、有名ブロガーのメレ山メレ子さんのすぐ上のお姉さんマメ子さんとカオヤイを訪れた時に野生欄 Dendrobium crystallinum が満開になっているのを見つけ撮影し、記事にもしました。
 昨年の記事で、『豪華な花をつけますので、来年も見れるように持ち去られないことを祈ってます。』と書いたのですが、昨年咲いていた大株だけでなく、その時周囲にあった小さな株も含めて、きれいさっぱり盗り去られているのを本日(記事書いてる5月31日)確認しました。
 予想通りとはいえ、四半世紀タイの方と付き合ってもこうした部分は全く変わらないし、好きになれないですね。

 だんだん血が登って来て、脱線してしまいましたね。

 本題の写真です。
V2_140513_8428
<13May’2014, Chiang Mai> 以下同左

V2_140513_8423

711_9523

711_9531

J3_140513_2070

V2_140513_8443

V2_140513_8437

V2_140513_8454

Dendrobium infundibulum(野生欄) in Chiang Mai

 昨日はタイも休日でKaeng Krachan 国立公園に向かいました。 
 朝から、バンコクからペブリに向かう途中は雲ひとつない天気で、エアコンの効いたスモークガラスの車に居ても日差しで汗ばむほど。
 午後は雷雨だなと思いながらKaeng Krachanへ。
 案の定、午後2時前に大スコール。
 公園内のクリークに沿った未舗道路をチョウを探して歩いていると、にわかに空が暗くなって突風とともに殴るような雨。
 運転手のアノンさんが気を利かせて迎えに。
 このおかげで、命拾い。
 車に乗ったとたん目の前40mくらい先で、クリーク沿いの大木が左右の木を巻き込んで道路側に倒れました。
 大木は幸い向いの大木に先が掛かって下は2mほどのスペースがありました。
 手前の5mほどの木は完全に地面から抜けていて、二人で引っ張って移動できましたが、問題は大木の向こうの木。
 枝張りが良く、大木に絡んでいるのと根の一部が残っており動きません。
 二人に、後続車の運転者が加わり3人でまず人手で折れそうな枝をすべて折りましたがまだ動きません。
 そのうち、下から斜め上に先を持ち上げて反らせば、何とか車1台が通れるスペースができそうになったので、びしょ濡れの中運転しない私が支え役で、運転者は交代でサポートしてスペース確保。
 何とかと2台通るまで持ちこたえてギブアップ。
 大スコールの中20分ほど木と格闘してしまいました。

 その後にも車が居ましたが、手伝いにも来ないし私も力尽きたので、後は任せて後にしました。
 その後、キャンプ場で倒木の報告をしている間も、後続車は来ませんでしたので、協力と知恵を働かせることがその後の車はできなかったようです。

 大きな木が倒れそうなときは、周りも巻き込むので一目散に遠くまで逃げなければいけないなと今更ながら思いました。

 今は背中を中心に身体中痛い上に、擦り傷だらけです。
------------------------------------------------------------------
 
本題です。 
 今年のソンクラン(水かけ祭り)休みに、おじさん3人でチェンマイ県にチョウ探しに行っていました。
 今日はその時に、ミャンマー国境の2,000m級の山の山頂とその周囲で撮影した、
Dendrobium infundibulum
です。

 運良く花の咲いている時期に当たりました。
 チョウ探しもなかなかの成果で、案内してくれたIさん、企画してくれたカオヤイさんに大感謝です。

 花の直径は5cm強。
 なかなか清楚で綺麗なデンドロでした。

801_7829
<13Apr'2014, Chiang Mai> 以下同左

801_7834

801_7792

801_7776

711_5383

801_7839
 
801_7891

801_7901

Dendrobium lindleyi(野生欄) in Kaeng Krachan NP

 昨日の記事のクロオオリスを撮影した後に撮影した樹上の野生欄、
Dendrobium lindleyi
です。

 ちょうど満開で、鮮やかな黄色い小さな花をたくさんつけていました。
 15mほどの高さのある木の幹が分かれるところに張り付いていて、二股の両側に広がっていました。

 1週間後には花はほとんど散っていました。

711_4214
<15Mar'2014, Kaeng krachan NP> 以下同左

801_7048

711_4209

V2_20140315_6357

V2_20140315_6366



 

Habenaria malintana in Khao Yai 2013

 昨日、一昨日の続き雨期の終わりから乾期の初めにカオ・キァオ山の頂近くで良く見られる、
Habenaria malintana(ミズトンボ属)
です。

 カオ・キァオ山の頂へ上がる道路沿いでは、3、4年前は昨日のダイサギソウの方がかなり多く見られたように記憶していますが、昨年あたりからダイサギソウよりこちらの方が多く目に付くように思います。

 一つ一つの花が小さく、特に唇弁が小さいのでダイサギソウのような華やかさはありませんが、大株にたくさんの花が付くとなかなか見ごたえがあります。

 カオ・キァオ山の頂近くの標高1,200m付近から、下った標高4~500付近でも群落がみられます。
 ダイサギソウよりも環境適応力が強いのかもしれませんね。

V2_131026_4052
<26Oct'2013, Khao Yai NP>

V2_131023_3686
<23Oct'2013, Khao Yai NP> 以下同左

V2_131023_3700

V2_131023_3680

V2_131023_3666

801_6028

801_5938

801_5911

801_5906

801_5897

ダイサギソウ in Khao Yai 2013

 昨日の続きで、カオ・キァオ山の頂近くで雨期の終わりから乾期の初めにかけて見られる、
ダイサギソウ(Habenaria dentata)
です。

 今年はカオ・キァオ山の頂に上がる道路沿いが何度も何度も草刈りに遭い、大きな株はあまり見られない上に生き残った株も葉が切り傷だらけのものが多く見られました。

801_5840
<23Oct'2013, Khao Yai NP>

801_5888

V2_131023_3895

V2_131023_3903

V2_131023_3908

V2_131026_4037
<26Oct'2013, Khao Yai NP> 以下同左

V2_131026_4040
 同属のHabenaria malintana(左側、明日紹介)と並んで咲いていたダイサギソウ。
 昨年あたりから、花の小さなH.malintana の方がかなり多くなったように感じます。

V2_131026_4044

V2_131026_4050

V2_131026_4057

V2_131026_4063
アクセスカウンター

    記事検索
    livedoor プロフィール
    Facebookページ
    最新コメント
    カテゴリ別アーカイブ
    メッセージ
    参考累計アクセス数(含FC2)
    アクセスカウンター
    アクセス数(Livedoorへ引越後)
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    • ライブドアブログ
    トップに
    戻る