Naturing Thailand

 タイと仕事で関わりを持って25年以上が過ぎました。 昨年、病のため2度目の駐在からやむなく帰国。 また、タイに行きたいと思っています。 はじめはタイで遺跡や仏像を中心に撮っていましたが、いつのまにか蝶や動植物が主になってしまいました・・・

 リスの仲間

クロオオリス in kaeng Krachan NP その3

 しつこく先日のクロオオリスです。

 一昨日の記事の写真撮影から3週間後の4月中旬、また同じところで地面を掘っていました。

 今日は、動画で紹介します。


<19Apr'2014, Kaeng Krachan NP> 以下同左









クロオオリス in kaeng Krachan NP その2

 一昨日の記事の写真を撮影した2週間後、同じところに降りて来たクロオオリスに出会いました。

 この前掘っていたところの脇の木を伝って降りて来て、降りようかどうしようか迷っているように見えましたが、お構いなくUPのポートレートを撮影させてもらいました。

 通常は有り得ない近さで撮影できましたので、どアップできました。

 先日の記事に書き忘れましたが、体長は尾も入れて1.0mちょっと。
  私たちの良く知る日本の森のリスの範疇から考えると、体長で数倍、体重で数十倍。
 地面に居るところを見たら、まるでテンやジャコウネコのようです。

711_4685
<29Mar'2014, Kaeng Krachan NP> 以下同左

711_4687

711_4703

711_4705

711_4712

711_4717



711_4688

711_4689

711_4690

711_4693

クロオオリス in kaeng Krachan NP

 記事の更新はサボっていても写真は撮ってましたので、2月から4月にかけての写真中心の記事が続きます。

 今日は、Kaeng Krachan 国立公園で3月に撮影した、
クロオオリス(Ratufa bicolor)
です。

 警戒心が強く、高い木の上に居ることが多くなかなかアップの写真を撮れませんが、この時はなぜか目の前の木を降りてきて、盛んに地面を掘って何か齧っていました。

 結局この2週間後、5週間後にも同じところで同じように地面を掘って何か齧っている様子を撮影できましたが、いまだに何を齧っていたのかさっぱりわかりません。

 カオヤイでもこの公園でも、この場所以外で同じような行動をするクロオオリスを見たことはありません。

711_4050
<15Mar'2014, Kaeng Krachan NP> 以下同左

711_4054

711_4062

711_4065

711_4092

711_4096

711_4097

711_4130

711_4173

711_4174
続きを読む

フィンレイソンリス in Saraburi

 また、4日間更新をさぼってしまいました。

 例年ですと11月の始めから天気のよい日が続いて秋の蝶のシーズンに入っているはずでしたが、今年は11月中旬過ぎまでお天気の悪い日が続いていたと思ったら、11月末からはお天気は良いのですが気温の低い日が続いていて、山に行ってもなかなか蝶に会えない日が続いています。

 今日も、ペブリ県の山に行ってきましたが、標高はほんの500m弱しかないのに午後2時でも気温19℃、これでは蝶が少ないですね。
 午後3時に公園ゲートに降りても23℃、後でお天気サイトを見たら今日はバンコクでも最高30℃、ペブリ辺りは30度にならなかったようです。

 それと帰りは、明日の大規模反政府デモに参加するためにバンコクに向かう車がかなり目立ち、道路も混んでいました。
 明日はどうなるのでしょうか?


 さて本題です。
 今日は、先月中旬、カオヤイ国立公園に行ったらあまりに気温が低くて、チョウに全く会えないので早めにサラブリ側へ下山して、サラブリの滝のある国立公園で撮影してきた、
フィンレイソンリス(Callosciurus finlaysonii、英名:Finlayson's Squirrel)

 variable Squirrel(変色種)とも言われ17種の毛色の違う物が確認されているそうですが、サラブリやカオヤイで出合うのは、茶、灰色、ベージュ、白、灰色と赤さび色などです。

 サラブリのこの公園は特に白い個体が多く、昨日も2頭がじゃれているのを見かけました。

 ハンドル名とも全く関係なくプロフィール写真に使っているのがこの白色個体の写真です。

7101_0180
<16Nov'2013, Saraburi> 以下同左

7101_0174

7101_0172

ヒマラヤホオジロシマリス その2

 今日は、
ヒマラヤホオジロシマリス(Tamiops mcclellandi、英名:Hymalayan Striped Squirre)
です。

 前回のヒマラヤホオジロシマリスの記事の写真を撮影したほんの1週間後に撮影出来ていた写真です。

 同じくぺブリ県の山岳地帯の国立公園内ですが、場所はクリークを数キロ下ったところで、昨年何度か登場したビワハゴロモの仲間が吸汁していた木隣の木です。

 この前週にビワハゴロモを見つけていたので、この日もいないかなと見に行ってこの子が隣の木を上がったり下がったりしているのを間近で見ることができました。

 その後こんなに近くで見かけることはありませんでした。

6f9c7e25.jpg
<11/06/04撮影 ぺブリ県 D300 VR 70-200mmF/2.8G ×1.7>

eeb8cf82.jpg
<11/06/04撮影 ぺブリ県 D300 VR 70-200mmF/2.8G ×1.7>

167c6a27.jpg
<11/06/04撮影 ぺブリ県 D300 VR 70-200mmF/2.8G ×1.7>

184865bf.jpg
<11/06/04撮影 ぺブリ県 D300 VR 70-200mmF/2.8G ×1.7>

2ec2a53f.jpg
<11/06/04撮影 ぺブリ県 D300 VR 70-200mmF/2.8G ×1.7>

faa104d5.jpg
<11/06/04撮影 ぺブリ県 D300 VR 70-200mmF/2.8G ×1.7>

61cea044.jpg
<11/06/04撮影 ぺブリ県 D300 VR 70-200mmF/2.8G ×1.7>
アクセスカウンター

    記事検索
    livedoor プロフィール
    Facebookページ
    最新コメント
    カテゴリ別アーカイブ
    メッセージ
    参考累計アクセス数(含FC2)
    アクセスカウンター
    アクセス数(Livedoorへ引越後)
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    • ライブドアブログ
    トップに
    戻る