Naturing Thailand

 タイと仕事で関わりを持って25年以上が過ぎました。 昨年、病のため2度目の駐在からやむなく帰国。 また、タイに行きたいと思っています。 はじめはタイで遺跡や仏像を中心に撮っていましたが、いつのまにか蝶や動植物が主になってしまいました・・・

 フタオチョウ亜科

フタオチョウ(Polyura eudamippus) in Nam Nao NP, 2015 その2

810_3800
<04,05Jun'2015, Nam Nao NP> 以下同左

 昨日の続きです。

 同じくNam Nao国立公園の同じ場所で撮影した、
フタオチョウ(Polyura eudamippus)
です。 

3S7_6087

 タイ中部などに比べて、フタオチョウがやや多いなとは思っていましたが、この2日関は特に数多くが吸水に来てくれました。
 
3S7_6295

3S7_6306

3S7_6324



続きを読む

フタオチョウ(Polyura eudamippus) in Nam Nao NP, 2015 その1

3S7_5971
<04Jun'2015, Nam Nao NP> 以下同左

 今日は、Nam Nao国立公園の南側の松林の中の岩の上を流れる川沿いで撮影した、
フタオチョウ(Polyura eudamippus nigrobasalis, CN:The Great Nawab)
です。

 この頃はこの川も少しは水が流れていて、蝶もそこそこ集まっていました。

810_3654

 北タイの乾期型ほど大きくありませんでしたが、Khao YaiやKaeng Krachanよりはやや大型に見えました。
 華やかで大型のフタオチョウがこれだけ集まると迫力があります。

 今日は、パスト連射で撮影した飛翔中の開翅写真を中心に紹介します。

V3150704_3684

V3150704_3690

V3150704_3724

V3150704_3875

V3150704_3893

ウスイロフタオチョウ(Polyura dolon) in Doi Pha Hom Pok NP, 20

V3_1604_9859
<15Apr'2016,Doi Pha Hom Pok NP> 以下同左

 今日は、
ウスイロフタオチョウ(Polyura dolon grandis、CN:The Stately Nawab)
です。

V3_1604_9861

 北タイではそう珍しいフタオチョウではありませんが、開いた翅から見えた二尾が長くて特に美しかったので、撮影しちゃいました。

ルリオビヤイロタテハ一瞬の出会い in Kaeng Krachan国立公園 2014

 今日は、昨年一瞬だけ会えた、
ルリオビヤイロタテハ(Prothoe franck vilma、英名:The Blue Begum)
です。

 チェンマイ在住のIさんからご指摘いただきました。
 ssp.vilmaは、中部~東部タイに分布する亜種で、ここに居る可能性は低く、半島部亜種のuniformis, 西部タイ亜種の angelica のどちらかだろうということです。
 Iさん、いつもながらありがとうございました。


 3年前に初めてこの公園で会えてから、ずーっと追い求めていますが、なかなか会えません。
 たまに会えても、今日のような写真が1枚撮れるだけ。

 いつか良い条件でゆっくり撮影したい蝶なのですが、そんな機会は訪れるんでしょうか。


<22Feb'2014, Kaeng Krachan NP>

群れるチビフタオチョウ in kaeng krachan NP

 今日は、昨年6月にKaeng Krachan 国立公園の道路沿いの獣糞に群れていた、
チビフタオチョウ(Polyura athamas athamas、CN:The Common Nawab)
達です。

 フタオチョウやチャイロフタオチョウも来ていましたが、チビが圧倒的に多くて8~10頭集まっていました。

 そのうちの1頭が車にでもあたったのでしょうか、動きがおかしく葉上に停まって翅を開いて板のですが、フタオチョウとは思えぬ動きの鈍さで、接写を許してくれました。


<01Jun'2014, Kaeng Krachan NP> 以下同左


















アクセスカウンター

    livedoor プロフィール
    Facebookページ
    最新コメント
    記事検索
    カテゴリ別アーカイブ
    メッセージ
    参考累計アクセス数(含FC2)
    アクセスカウンター
    アクセス数(Livedoorへ引越後)
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    • ライブドアブログ
    トップに
    戻る