Naturing Thailand

 タイと仕事で関わりを持って25年以上が過ぎました。 昨年、病のため2度目の駐在からやむなく帰国。 また、タイに行きたいと思っています。 はじめはタイで遺跡や仏像を中心に撮っていましたが、いつのまにか蝶や動植物が主になってしまいました・・・

 その他の野鳥

ギンムネヒロハシ in Kaeng Krachan NP 2014

 今日は今年の暑季の、
ギンムネヒロハシ(Serilophus lunatus、英名:Silver-breasted broadbill)
オスです。

 この子たちが巣を作る時期と、チョウが一気に増え始める時期、小中学校の夏休み、暦の上の連休、飛び石連休が重なり、ここ2,3年の4,5月は公園内のクリーク沿いはバーダー、キャンパー、日帰り行楽客、水遊びの子供たちで一杯になっています。
 以前のように、私たちサンデーカメラマンが週末に出かけてクリークの河原にできるチョウの大吸水集団などを道路に寝そべったり腹這いになって広角レンズでゆっくり撮影するなんて言う贅沢ができないようになってきました。

 今日のこの子が巣を作った木は、この時期に大きなチョウの吸水集団ができる場所から5mほどしか離れていない道路際でした。
 
 例年こういうところに作られた巣は、毎週末の大量のバーダーや行楽客、末は車の上から巣を覗く人たちに嫌気がさして放棄されてしまうのですが、この巣はどうなることでしょう?

3S5_9331
<01May'2014, Kaeng Krachan NP> 以下同左

3S5_9340

3S5_9343

3S5_9367

3S5_9390

3S5_9399

3S5_9410

711_8533
 クリークの反対側から、撮影したバーダーの様子。
 写真右の細い木のの上に巣がありました。
 午後になって、オスが巣に戻ってきたらバーダーも一気に戻ってきました。

 次の写真は、この状態の15分前に写真の左下外2mほどのところで撮影した、チョウの吸水集団です。

<01May'2014, Kaeng Krachan NP>
 上の写真の下のあたりに腹這いになって、魚眼レンズで撮影したいような吸水集団ですが、上のような状態ではなかなか難しいですね。

ルリマダラを食べるハイイロモリツバメ

 昨日の記事で、蝶を漁っていたアカガシラサギがルリマダラを無視してオナガタテハに向かうシーンをアップしましたが、毒蝶と言われるルリマダラを食べる鳥は確かにほとんど見たことがありません。

 ただ、一度だけカオヤイ国立公園で
ハイイロモリツバメ(Artamus fuscus、英名:Ashy Woodswallow)
が、ルリマダラのオスを捕まえて食べるシーンを見て撮ったことがあるのを思い出しました。

 なぜオスかっていうと、メスを誘引する Euploeaのオスがフェロモンを出す器官『ヘアーペンシル』がしっかり見えているからです。
 (Nさんからフェロモンは出すが、目的は誘引ではないとご指摘を受け、昨日の記事も訂正いたしました。
 Nさん、お付き合いありがとうございました。)


 この『ヘアーペンシル』、昨日の記事でルリマダラのオスの成虫が、幼虫時代に食草から摂り込んだアルカロイドなどからフェロモンを生合成するところまでは書きましたが、それを実際に分泌拡散するの器官がこのお尻から出ているヘアーペンシルです。

 極たまにオスがヘアーペンシルを出しているのを見かけて、撮影しようしますがいつもタイミングを逃していました。 が、こんなところに写っていました。
 
 ところで、毒蝶と言われ他の鳥がまず食べないルリマダラを食べて、この子は平気なんでしょうか。
 この子は平気で食べた後に飛んで行ってしまったと記憶しています。

(Khao Yai)
<22Nov'2009, Khao Yai NP>

(Khao Yai)
<22Nov'2009, Khao Yai NP>

(Khao Yai)
<22Nov'2009, Khao Yai NP>

(Khao Yai)
<22Nov'2009, Khao Yai NP>

 以下は、オマケの写真。
DDX_8920
<08Jun'2009, Khao Yai NP>
 電線や細い枝の上で何頭かが身を寄せ合っている姿が公園内で良く見られます。

DDX_7663
<23May'2009, Khao Yai NP>

DDX_7671
<23May'2009, Khao Yai NP>

DDX_7670
<23May'2009, Khao Yai NP>

シマハッカン in Khao Yai

 今日は、カオヤイ国立公園内の林間道路で極たまに出会う、
シマハッカン(Lophura diardi、英名:Siamese fireback pheasant)
です。

 タイを中心とするインドシナを代表する美しいキジですが、極端に数が減っていて今ではタイ国内でも数千羽しかいないといわれています。

 たまたま羽を開くところを後から撮れました。

710_0067
<08Jun'2013, Khao Yai NP>

710_0068
<08Jun'2013, Khao Yai NP>

710_0070
<08Jun'2013, Khao Yai NP>

710_0071
<08Jun'2013, Khao Yai NP>

710_0072
<08Jun'2013, Khao Yai NP>

710_0074
<08Jun'2013, Khao Yai NP>

3S1_6064
<28Aug'2011, Khao Yai NP>

3S1_6066
<28Aug'2011, Khao Yai NP>

3S1_6069
<28Aug'2011, Khao Yai NP>

3S1_6068
<28Aug'2011, Khao Yai NP>

ブッポウソウ in petchaburi

 今日も古い在庫写真から、
ブッポウソウ(Eurystomus orientalis、英名:Dollarbird)
です。

 昨日のチャガシラハチクイがダイビングしていた、ペブリ県の山岳地帯の国立公園の山岳道路沿いにある小さな池に、とても目立つ枯れ木が立っていました。
 その枯れ木に、ブッポウソウの若鳥の5~6羽の群れがやって来て、池の周囲で虫取りを始めました。
 群れの中で一番大きな個体は、その枯れ木の天辺近くで周囲を見回していました。
 
 アオショウビンなどのショウビンが池の魚を採るのに停まったり、枯れ木の中ほどの洞には入れ替わり毎年ヒガシベンガルオオトカゲの子供がねぐらにしたりと、景観上も良いし、野生の動物たちにも役に立つ枯れ木でした。
 池の道路側にある橋の下は小さな木や草が生い茂り、日が当たると特に繁茂していたコンロンカの花で蝶が蜜を吸いその葉上で翅を開いてくれ、橋の上から覗くように撮影できて大いに楽しませてもらっていました。

 ところが昨年末にこの枯れ木は切り倒され、さらに池の周囲はやけに明るく綺麗に整備されてしまいました。
 その後、ハチクイのダイビングやヒガシベンガルオオトカゲの姿はこの近くでは見れていません。
 橋の下のコンロンカも綺麗に刈られてしまい、蝶たちも集まらなくなってしまいました。

 毎週のように楽しめた場所が無くなりとても残念です。

 ところで、以前カオヤイ国立公園で撮影した時も、池の近くの見晴らしの良い枯れ木に停まっていました。

DX4_6039
<05Feb'2011、Petchaburi> 以下同左
 これが、昨日の記事の池のLandmarkになっていた枯れ木の天辺です。
 もう切られてしまい、こういうシーンの写真は撮れなくなってしまいました。

DX4_6037

DX4_6041

DX4_6045

DX4_6046

DX4_6051

DX4_6053

DX4_6056

チャガシラハチクイの若鳥のダイビング

 このところ、カオヤイ国立公園は毎週末雨模様。
 新しい蝶にもなかなか会えないので、少し古い写真が続きますが、ご容赦ください。
 今日は、ペブリ県の山岳地帯の国立公園の山岳道路の途中にある小さな池で、ときどき見かける、
チャガシラハチクイ(Merops leschenaulti、英名:Chestnut-headed Bee-eater
若鳥たちのダイビング・シーンです。

 以前UPした記事の時と同じく魚や水生昆虫を採っているのではなく、単に水浴びか水遊びをしているように見えました。

3S2_1654
<05Nov'2011, Petchaburi> 以下同左

3S2_1655

3S2_1657

3S2_1622

3S2_1624

3S2_1626

3S2_1627

3S2_1633

3S2_1634

3S2_1635

3S2_1638

3S2_1639

3S2_1640

3S2_1648

3S2_1649

3S2_1651

3S2_1652

3S2_1653

3S2_1600

3S2_1601

3S2_1602

3S2_1660

 
アクセスカウンター

    記事検索
    livedoor プロフィール
    Facebookページ
    最新コメント
    カテゴリ別アーカイブ
    メッセージ
    参考累計アクセス数(含FC2)
    アクセスカウンター
    アクセス数(Livedoorへ引越後)
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    • ライブドアブログ
    トップに
    戻る