Naturing Thailand

 タイと仕事で関わりを持って25年以上が過ぎました。 昨年、病のため2度目の駐在からやむなく帰国。 また、タイに行きたいと思っています。 はじめはタイで遺跡や仏像を中心に撮っていましたが、いつのまにか蝶や動植物が主になってしまいました・・・

 アオスジアゲハ族

シロスソビキアゲハ(Lamproptera curius) in Pang Sida NP, 2015

810_5786
<30Aug'2015, Pang Sida NP> 以下同左

 今日は、Pang Sida 国立公園で撮影した、
シロスソビキアゲハ(Lamproptera curius curius, CN:The White Dragontail)
です。

810_5787

 この国立公園では、どちらも少ないものの L.curius と L.meges つまり白と青の2種のスソビキアゲハ(Lamproptera)が居ます。

 私自身同じ場所で、今日の L.curius だけでなく L.meges を見ているのですが、残念ながら写真に撮れていません。

 場所は分かっているのでまだまだチャンスはあるさと思っていたら、日本へ帰国になってしまいました。

 もう少し歩けるようになったら出かけて行って、白、青の2ショットでも撮りたいですね。

810_5788

810_5789

810_5790

810_5791


シロスソビキアゲハ(Lamproptera curius) の吸水 in Khao Soi Dao WS 2015

 今日は、Khao Soi Dao Wild Sactuary(WS)でクジャクアゲハを待っているときに撮影できた、
シロスソビキアゲハ(Lamproptera curius curius、英名:The White Dragontail)
のポンピングや集団吸水です。

 心なしかカオヤイ国立公園で良く見かける個体よりも、みんな大きめでした。

 雨季には珍しくとても天気の良い日で、なかなか綺麗な写真が撮れました。


<06Jun'2015, Khao Soi Dao> 以下同左








アサクラアゲハ(Graphium eurous) in Chiang Mai 2015

 昨日のハルカゼアゲハと一緒にいた、
アサクラアゲハ(Graphium eurous inthanon, CN:Sixbar Swordtail)
です。

 昨日の記事にも何度か脇役として登場してしまいましたが、今日はアサクラアゲハのほうに焦点を当てた写真です。


<21Feb'2015, Chiang Mai> 以下同左


 左がアサクラアゲハ、右はハルカゼアゲハ。
 後翅裏面中央の紋様が違います。


 同じく左がアサクラアゲハ、右はハルカゼアゲハ。


 今度は左がハルカゼアゲハで、右がアサクラアゲハ。


 昨日の記事でも同じシーンの写真がありましたが、右奥から2頭めがはっきりアサクラアゲハと分かる写真を選びました。
 他の翅を開いている個体は昨日の記事でも書いた左側の2頭がやや大きめでアサクラっぽいですが確かではありません。

ハルカゼアゲハ(Graphium mandarinus fangana) in Chiang Mai 2015

 昨日、一昨日の子達を撮影した一週間後に再度Chiang Maiを訪れて撮影したもう一つの亜種、
ハルカゼアゲハ(Graphium mandarinus fangana, CN:Spectacle Swordtail)
です。

 一昨日の亜種との違いは、見た目でも写真でも分かりません。

 昨日の子の撮影地よりもさらに北のビルマ国境の山塊の標高約1,600m地点、先週の記事のオオクジャクアゲハを目の前で撮影できたクリークの近くで撮影できました。

 最初は、明日紹介のそっくりなアサクラアゲハと一緒にやって来て、2ショットを見せてくれました。
 その日の午後、オオクジャクアゲハを撮影した後に移動した先では10頭前後の2つの集団になって吸水する姿を見ることができました。
 

<21Feb'2015, Chiang Mai> 以下同左
 右下がここのハルカゼアゲハ。 左前のやや大きめに見えるのはアサクラアゲハ。


 翅を開いているのがハルカゼアゲハ。


 翅を開くとハルカゼもアサクラも違いが分かりません。


 左がアサクラ、右がハルカゼ。










 左がハルカゼ、右がアサクラ。
 やはりアサクラのほうが心もち大きいですね。


 近くの別の場所へ移動したら、10頭を超える吸水集団を見れました。
 右奥2頭目は、明らかにアサクラアゲハ。
 手前から2頭目の左側と6頭目もアサクラアゲハかもしれません。


 もう一つ集団が。
 こちらはすべてハルカゼアゲハのようでした。

アサクラアゲハ(Graphium eurous inthanon, CN:Sixbar Swordtail) in Doi Inthanon 2015

 今日は、昨日のハルカゼアゲハにそっくりで、同じ日に同じ山塊で撮影できた、
アサクラアゲハ(Graphium eurous inthanon, CN:Sixbar Swordtail)
です。

 昨日のハルカゼアゲハの亜種はこの山塊にしか居ない亜種でしたが、こちらのアサクラアゲハは数は少ないもののこの山塊から北のビルマ国境まで同じ亜種が分布しているようです。
 昨日の撮影地点から下ること1400m。
 同じ山塊の標高1,030mで撮影できまました。

 どの山でも数は少なく、ましてやこの山塊ではあまり記録が無いと言われていただけに、会えて大感激でした。
 
 昨日のハルカゼアゲハと大きさ、色、模様ともっくりですが、心もちハルカゼアゲハより大きめなのと後翅裏面中央の模様と色合いがやや違いました。


<14Feb'2015, Doi Inthanon> 以下同左








アクセスカウンター

    記事検索
    livedoor プロフィール
    Facebookページ
    最新コメント
    カテゴリ別アーカイブ
    メッセージ
    参考累計アクセス数(含FC2)
    アクセスカウンター
    アクセス数(Livedoorへ引越後)
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    • ライブドアブログ
    トップに
    戻る