Naturing Thailand

 タイと仕事で関わりを持って25年以上が過ぎました。 昨年、病のため2度目の駐在からやむなく帰国。 また、タイに行きたいと思っています。 はじめはタイで遺跡や仏像を中心に撮っていましたが、いつのまにか蝶や動植物が主になってしまいました・・・

 その他のシジミチョウ

ヒメシルビアシジミ(Zizina otis) in Nam Nao NP 2015

 今日は、Nam Nao 国立公園で撮影した
ヒメシルビアシジミ(Zizina otis sangra , CN:The Lesser Grass Blue)
です。

 空き地や草原など、開けた場所で見かける良く見帰る極く小さなシジミチョウです。


<04Jul’2015、Nam Nao NP> 以下同左





サイトウフタオルリシジミ(Hypolycaena othona) in Nam Nao NP 2015

 今日は、Nam Nao 国立公園で撮影した、
サイトウフタオルリシジミ(Hypolycaena othona othona , CN:The Orchid Tit)
です。



 この子も数はそれほど多くはありませんが、タイ中部であればだいたいどこに行っても会えます。
 裏面も表面も美しく、毎回シャッターを切ってしまう蝶の一つです。

クロマダラソテツシジミ(Chilades pandava) in Nam NaoNP 2015

 今日は、今年何度か訪れたNam Nao 国立公園でよく出会った、
クロマダラソテツシジミ(Chilades pandava pandava , CN:The Plains Cupid)
です。


<May,Jul'2015, Nam Nao NP> 以下同左

 河原といい、草むらといい、今年のこの公園訪問時期が発生期に当たったらしく、たくさん出会いました。

 今、私がシジミチョウの同定にメインで使用中の『タイ国の蝶 木村勇之助コレクション vol.2 シジミチョウ編』(俗称 木村図鑑2)の最終ページに収載のシジミチョウがC.pandava だからというわけではありませんが、この8月はじめからのシジミチョウ特集は今日で一旦終了。
 明日から主に今年、一部は去年撮影したジャノメ、ワモンチョウ、セセリを12月まで続けます。













タイワンツバメシジミ(Everes lacturnus) in Nam Nao NP 2015

 今日は、Nam Nao 国立公園で撮影した、
タイワンツバメシジミ(Everes lacturnus lacturnus , CN:The Indian Cupid)
です。


<23,24May'2015, Nam Nao NP> 以下同左
 右側は、クロマダラソテツシジミ(Chilades pandava )

 この国立公園周辺はタイ国内で唯一、同属のツバメシジミ(E.argiades )が局所的に分布することが知られています。
 3月末に同行したタイ人の蝶友が撮影でき、その後何度か出かけて探しましたが、私は未だ見つけられずにいます。
 代わりと言ってはおかしいですが、同所にごく普通にたくさんいた、同属のこの子で今のところ我慢です。







アカシアシジミ(Azanus urios) in Kaeng Krachan NP 2015

 今日は、昨日の記事の後半のP.lutea をKaeng Krachan 国立公園で撮影した時に、近くの石の上を盛んに歩き回っていた、
アカシアシジミ(Azanus urios , CN:The Siam Babul Blue)
です。


<19Apr'2015, Kaeng Krachan NP> 以下同左

 昨年チェンマイで カクモンシジミ( Leptotes plinius )の大集団の中にいた、A.uoris を案内してくれたチェンマイ在住のIさんに教えられて初めて撮影できました。
 その時確かタイでは北部、北西部に分布し数もあまり多くないと聞いていたし、木村図鑑にある記録もあまり多くありません。
 IさんにKaeng Krachanで撮影できたと連絡すると、そこまで南下していましたかと驚いていました。






アクセスカウンター

    livedoor プロフィール
    Facebookページ
    最新コメント
    記事検索
    カテゴリ別アーカイブ
    メッセージ
    参考累計アクセス数(含FC2)
    アクセスカウンター
    アクセス数(Livedoorへ引越後)
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    • ライブドアブログ
    トップに
    戻る