Naturing Thailand

 タイと仕事で関わりを持って25年以上が過ぎました。 昨年、病のため2度目の駐在からやむなく帰国。 また、タイに行きたいと思っています。 はじめはタイで遺跡や仏像を中心に撮っていましたが、いつのまにか蝶や動植物が主になってしまいました・・・

 ウラナミシジミの仲間

ニセキララミシジミ(Anthene emolus) in Pang Sida NP, 2015

803_3591
<22Aug'2015, Pang Sida NP>

ニセキララミシジミ(Anthene emolus emolus, CN:Ciliate Blue)

 従来、本種には『オナシウラナミシジミ』という和名を使ってきましたが、今回から『タイ国の蝶(木村勇之助コレクション)Vol.2 シジミチョウ編  木曜社2014』にしたがって『ニセキララシジミ』という和名を採用することにしました。

 『オナシ・・・』という名には愛着があるのですが、最新の図鑑に合わせました。
 タイでシジミチョウを見歩いていると分かりますが、尾状突起のあるつまり『オアリ(尾有り)・・・』がごく普通。 
 尾状突起の無いシジミチョウは思わず『尾無し・・・』と言いたくなります。
 それと、『ニセ・・・』や『・・・モドキ』という名はとても可哀そうに思います。

 確かに、キララの鮮やかな青を期待してドキドキしながら林縁で早朝に待っていて、青い翅表が見えて『ヤッター』と思ったところ本種だったリすれば、この名を付けたくなる気持ちは分かります。

803_3595
<22Aug'2015, Pang Sida NP>

803_3543
<15Aug'2015, Pang Sida NP>

シロウラナミシジミ(Jamides alecto) in Pang Sida NP, 2015

3S7_8665
<05Sep,2015, Pang Sida NP> 以下同左

 今日は、Pang Sida国立公園で撮影した、
シロウラナミシジミ(Jamides alecto alocina, CN:Metallic Cerulean)
です。

3S7_8664

 本種も、先日の J.celeno と同じくタイ国内はよく見かけます。


シロルリウラナミシジミ(Jamides pura) in Pang Sida NP, 2015

810_3990
<19Jul'2015, Pang Sida NP>

 今日は、
シロルリウラナミシジミ(Jamides pura pura, CN:White Cerulean)
です。

 昨日の J.celeno の別個体としてUPしようと思っていましたが、メモを見たら J.pura と書いてありました。
 実は2年前のことだし、翅表を撮った写真もないので断定できないのですが、翅表がやや瑠璃色がかっていたのかもしれません。

 間違ってたらごめんなさい。



 

コシロウラナミシジミ(Jamides celeno) in Pang Sida NP, 2015

3S7_9444
<19Sep'2015, Pang Sida NP> 以下同左

 今日は、Pang Sida 国立公園で撮影した、
コシロウラナミシジミ(Jamides celeno aelianus, CN:The Common Cerulean)
です。

3S7_9443

 タイでは、ごく普通のウラナミシジミです。

3S7_9445



アマミウラナミシジミ(Nacaduba kurava) in Pang Sida NP, 2015

3S7_7438
<22Aug,2015, Pang Sida NP> 以下同左

 今日は、Pang Sida国立公園で撮影した、
アマミウラナミシジミ(Nacaduba kurava euplea, CN:Transparent Sixline Blue)
です。

3S7_7436

3S7_7439

3S7_7445

続きを読む
アクセスカウンター

    記事検索
    livedoor プロフィール
    Facebookページ
    最新コメント
    カテゴリ別アーカイブ
    メッセージ
    参考累計アクセス数(含FC2)
    アクセスカウンター
    アクセス数(Livedoorへ引越後)
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    • ライブドアブログ
    トップに
    戻る