Naturing Thailand

 タイと仕事で関わりを持って25年以上が過ぎました。 昨年、病のため2度目の駐在からやむなく帰国。 また、タイに行きたいと思っています。 はじめはタイで遺跡や仏像を中心に撮っていましたが、いつのまにか蝶や動植物が主になってしまいました・・・

シジミチョウ科

ムラサキツバメ(Arhopala bazalus) in Nam Nao NP, 2016

720_4135
<03Apr'2016, Nam Nao NP>

 今日は、昨日までのPhu Khieo自然保護区の西に隣説するNam Nao国立公園で撮影した、
ムラサキツバメ(Arhopala bazalus teesta, CN:Powdered Oakblue)
です。

 この時は、未曽有の干ばつで川の水は流れておらず、目的の河原で吸水する蝶はほとんど見れない状態でした。
 わずかにやって来てくれた蝶の一つが今日のこの子でした。

クロフチコガタムラサキ(Arhopala paraganesa) in Phu Khieo WS,2016

720_3888
<02Apr'2016, Phu Khieo WS> 以下同左

 今日は、
クロフチコガタムラサキ(Arhopala paraganesa zephyretta, CN:Dusky Bushblue)
です。

720_3856

 前後翅裏面に広がる白い紋がとても目立ちました。

720_3832

720_3839

720_3882

 

ホリシャムラサキシジミ(Arhopala paramuta) in Phu Khieo WS, 2016

720_3787
<02Apr'2016, Phu Khieo WS> 以下同左

 今日は、
ホリシャムラサキシジミ(Arhopala paramuta paramuta,CN:Hooked Oakblue)
です。

 ちょっと尖った前翅が特徴でしょうか。

720_3825

720_3831



ナカジロムラサキシジミ(Arhopala perimuta) in Phu Khieo WS, 2016

720_3821
<02Apr'2016, Phu Khieo WS> 以下同左

 今日は、
ナカジロムラサキシジミ(Arhopala perimuta perimuta,CN:Yellowdisc Tailless Oakblue)
です。

 写真だけで同定するのがとても難しいムラサキシジミ属(Arhopala)にあって、私でもなんとか名前の分かる種の一つです。

 後翅裏面中央部の白色部は、実物を森の中で見ると結構目立ちます。

720_3814


モンヒカリトラフシジミ(Rapala rhoecus)in Lampang,2015

3S7_9825
<23Oct'2015, Lampang> 以下同左

 今日は、Lampang県のChiang Mai県との県境近くで撮影した、
モンヒカリトラフシジミ(Rapala rhoecus intermedia, CN:The Brilliant Flash)
です。

 この年の2月に、この撮影地の近くで Mota massyla のオスを撮影 した時に、近くで開翅ディスプレーをするオスを撮影できました。

 この日のこの場所にも、オスが何頭か集まっていました。

 残念ながら、開翅の写真は撮れませんでした。

3S7_9817

3S7_9819

アクセスカウンター

    livedoor プロフィール
    Facebookページ
    最新コメント
    記事検索
    カテゴリ別アーカイブ
    メッセージ
    参考累計アクセス数(含FC2)
    アクセスカウンター
    アクセス数(Livedoorへ引越後)
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    • ライブドアブログ
    トップに
    戻る