Naturing Thailand

 タイと仕事で関わりを持って25年以上が過ぎました。 昨年、病のため2度目の駐在からやむなく帰国。 また、タイに行きたいと思っています。 はじめはタイで遺跡や仏像を中心に撮っていましたが、いつのまにか蝶や動植物が主になってしまいました・・・

シジミチョウ科

ルリウラナミシジミ(Jamides bochus) in Chiang Mai, 2016

V3_1604_10161
<15Apr'2016, Doi Pha Hom Pok NP> 以下同左

 今日は、
ルリウラナミシジミ(Jamides bochus bochus、CN:The Dark Cerulean)
です。

 一昨日の、H.brahma の翅全開写真を撮った水辺に、J.bochus が何頭かいて、飛び立つたびに瑠璃色が見えました。

V3_1604_10163

V3_1604_10144

 何度もこの子たちを見ていますが、止まると必ず翅を閉じていて、止まって翅を開くシーンは今まで一度も見たことがありません。
 せっかく瑠璃裏波という名前がついている蝶なのに瑠璃を撮影できずにいました。
 薄暗かったのですが、何とかニコン1のパスト連写で、翅表を撮ってみました。

V3_1604_9967

V3_1604_9968

 瑠璃裏波の感じがでているでしょうか?

V3_1604_10122

V3_1604_10124

V3_1604_10125

 この撮影の一週間前に、カンチャナブリのThong Pha PhumのS.louisaの里えも、パスト連写でトライしましたが、なかなかこの子の生きた開翅を撮るのは難しいですね。

V3_1604_9966





ウラフチベニシジ(Heliophorus ila) in Chiang Mai, 2016

720_6531
<17Apr'2016, Doi Suthep> 以下同左

 今日は、Doi Suthepで撮影した、
ウラフチベニシジ(Heliophorus ila nolus, CN : Restricted Purple Sapphire)
オスです。

720_6446

 昨日のH. brahma とは翅裏はそっくりですが、翅表を見ると同族とは思えない色です。
 でもこちらが一般的なSapphire、つまりHeliophorusですね。

720_6541



アカガネウラフチベニシジミ(Heliophorus brahma) in Chiang Mai その2, 2016

720_5635
<15Apr'2016, Doi Pha Hom pok NP> 以下同左

 今日も、アカガネウラフチベニシジミです。

 昨日の記事の写真を撮影した翌日、同じ国立公園内のゴマダラシロチョウが吸水に来る1,600地点のクリークの畔で翅の全開が撮影できました。

720_5620
 
 以前から、このクリークの周辺ではH.ilaなどに交じって何度か見かけてていましたが、翅の全開は初めてで興奮してしまいました。
 GoldenなHeliophorus(The Sapphire)という意味で付けられたたCommon Name でしょうが、黄金色のサファイアってサファイアじゃないですよね。

720_5609

720_5591

720_5571

720_5677
 左側の地味な子が H.brahmaで、右側の華やかな裏面の子がH.ila。

720_5655

720_5657


アカガネウラフチベニシジミ(Heliophorus brahma) in Chiang Mai その1, 2016

720_5008
<14Apr'2016, Doi Lang> 以下同左

  今日は、
アカガネウラフチベニシジミ(Heliophorus brahma mogoka, CN:The Golden Sapphire)
です。

 チェンマイ県のビルマ国境の1,500~2,000mの山岳地帯で何度か見かけてきましたが、綺麗な翅表を撮影できないでいました。
 今回、やっと翅表を撮影できましたというところです。

720_5026

720_4981

720_4986

タイ-ビルマ国境の2,000mの頂から降りて来る途中のよく日の当たるところで、翅の半開きが撮影でき、
 翅の裏面はウラフチベニシジミの中では裏縁の紅が乗っていなくて地味で、翅表も英名に付いているのサファイアブルーでは無いのですが、翅表の金色の輝きがあれば十分ですね。

720_4960


ゴイシシジミ(Taraka hamada) in Chiang Mai, 2016

720_6523
<17Apr'2016, Doi Suthep> 以下同左

 今日は2年ぶりに撮影できた、
ゴイシシジミ(Taraka hamada mendesia, CN:The Forest Pierrot)
です。

720_6519

 私は、チェンマイ県とランパン県の県境と、ここDoi Suthepでしか撮影したことがありません。

 タイの国内記録も北部、北西部の記録が大半のようです。

720_6513

720_6508

アクセスカウンター

    livedoor プロフィール
    Facebookページ
    最新コメント
    記事検索
    カテゴリ別アーカイブ
    メッセージ
    参考累計アクセス数(含FC2)
    アクセスカウンター
    アクセス数(Livedoorへ引越後)
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    • ライブドアブログ
    トップに
    戻る