Naturing Thailand

 タイと仕事で関わりを持って25年以上が過ぎました。 昨年、病のため2度目の駐在からやむなく帰国。 また、タイに行きたいと思っています。 はじめはタイで遺跡や仏像を中心に撮っていましたが、いつのまにか蝶や動植物が主になってしまいました・・・

シロチョウ科

オオクモガタシロチョウ(Appias pandione) in Doi Pha Hom Pok NP, 2016

720_5710
<15Apr'2016, Doi Pha Hom Pok> 以下同左

 今日は、
オオクモガタシロチョウ(Appias pandione lagela)
です。

720_5719

 タイ中部では、2~3月にAppias albinaやAppias paulinaの大集団を見かけますが、たまたまかも知れませんが、私が北タイを訪れるときは、この子やモンクモガタシロチョウ(Appias lalage)の集団が多いような気がします。

720_5732

720_5739


Eurema novapallid改め,Eurema ada indosinica in Doi Suthep, 2016

720_6571
<17Apr'2016, Doi Suthep>

 今日は、Doi Suthepの滝下で撮影した、
タイリクアオジロキチョウ(Eurema novapallida novapallida)
Eurema ada indosinica
です。

 このとき同行した、チェンマイ在住のチョウの研究家YIさんから、似てるけどずっと小型だったのでこちらだと思うという指摘をいただきましたので、上のように訂正しました。


 吸水に来ていました。


トガリキチョウ(Dercas verhuelli) in Doi Suthep, 2016

720_6596
<17Apr'2016, Doi Suthep> 以下同左

 今日は、
トガリキチョウ(Dercas verhuelli doubledayi, CN:Tailed Sulphur)
です。

 タイの蝶を写真に撮るようになってから10年ほどになりますが、
・図鑑によるとタイのどこにでもいるはずなのに会えそうで会えない、
・ときどき見かけるのだけれど全く写真に撮れない、
・何度も出会って撮影できてるのに、ピントの合った写真が一つもない。
なんて蝶がたくさん。

 今日のトガリキチョウもそんな蝶の一つでした。
 やっとドイステープで撮影することができました。
720_6594

 逆さですけど、ちゃんとトガリキチョウです。
何度か水辺に飛んできましたが、うまく撮影できたのはこの木の上の写真だけ。
 再度撮影にトライしたいですね。

マダラシロチョウ(Prioneris thestylis)雨期型 in Doi Pha Hom Pok NP, 2016

720_5490
<15Apr'2016, Di Pha Hpm Pok> 以下同左

 今日は、昨日のD.berindaの吸水地に来ていた、
マダラシロチョウ(Prioneris thestylis thestylis、CN:The Spotted Sawtooth)
雨期型です。

720_5500

 暑季(乾期の終盤のタイの季節)に北タイでは、湿った地面に吸水に来る姿をよく見かけます。

720_5504

 北タイに多いのは赤いスポットが無く、白、黒、黄色の3色からなるD.berindaやD.belladonnaなどのゴマダラシロチョウにそっくりな、この子です。
 特にソンクラーンあたりから出始める雨季型は黒色斑がよく発達して、D.berindaの集団などといると、見間違てしまいます。

720_5505

D.berinda改め、サナカゴマダラシロチョウ(Delias sanaca) in Doi Pha Hom Pok, 2016

720_5550
<15Apr'2016, Doi Pha Hpm Pok> 以下同左

 予想通り、チェンマイ在の蝶の研究家でこの時も案内をしていただいたYIさんからご指摘をいただきました。
 『ほとんどが。D.sanacaである可能性が高いと思われます・』
ということでした。

 そこで、

 今日は、
サナカゴマダラシロチョウ(Delias sanaca perspicua、CN:Pale Jezabel)
です。
                                   』

に訂正いたします。

 2014年の記事を引用すると、D.sanaca の特徴は、
「 特に、D.berinda によく似ています。
 Iさんに同定で見ていただいたポイントはこんなに簡単では無いのですが、強いて簡単に言うと、やや小ぶりで、後翅の裏面の白斑列が小さいことです。」
です。
 そうして改めて写真を見ると、確かにYIさんのご指摘の通りです。

 YIさん、ご指摘有難うございました。

 
 今日は、
べリンダゴマダラシロチョウ(Delias berinda yedanula、CN:Dark Jezabel)
です。

720_5558

 もしかしたら、以前記事に書いたように、そっくりな
Delias sanaca perspicua
Delias patrua shan
が混じっているかもしれません。


720_5538

 いまだに違いがよく分かりませんが、採取しないと本当には分からないかもですね。

720_5540

 この山系に何か所かある乾期でも涸れないクリークの岸辺で、このD.berindaやD.belladonnaなどのごマダラシロチョウが集団で吸水する姿を見ることができたのですが、護岸工事や砂防ダム、道路の舗装などの工事で、どんどん蝶が集まって吸水できるような砂地の岸辺が減っています。
 在タイの仲間からは、昨年は特に大規模に山岳道路の整備が行われたということですから、そのうちこの子たちの姿もなかなか見れなくなるかもしれません。

720_5532

720_5111
アクセスカウンター

    livedoor プロフィール
    Facebookページ
    最新コメント
    記事検索
    カテゴリ別アーカイブ
    メッセージ
    参考累計アクセス数(含FC2)
    アクセスカウンター
    アクセス数(Livedoorへ引越後)
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    • ライブドアブログ
    トップに
    戻る