Naturing Thailand

 タイと仕事で関わりを持って25年が過ぎました。 現在2度目の駐在中です。 遺跡や仏像を中心に撮っていましたが、最近は健康のために始めたトレッキング中に撮るようになった蝶や動植物が主になってきました。 (・・・と、記していましたが、すっかりチョウの紹介Blogになってしまいました・・・)

アゲハチョウ科

シロモンアケボノアゲハ(Atrophaneura varuna) in Nam Nao NP 2015

 今日は、タイ中北部のNam Nao 国立公園で撮影した、
シロモンアケボノアゲハ(Atrophaneura varuna zaleucus , CN:Burmese Batwing)
オスです。

 先週末紹介したキシタアゲハやヘレナキシタアゲハが吸水に来ていたクリークの河原に今週の日曜日に吸水に来ていました。


<05Jul'2015, Nam Nao NP> 以下同左








ホソバジャコウアゲハ(Losaria coon) in Chantaburi 2015

 今日は、チャンタブリ県でやはり先月撮影した、
ホソバジャコウアゲハ(Losaria coon doubledayi , CN:Common Cluubtail)
です。

 タイ南部では、ごく普通のジャコウアゲハのようですが、大陸部(インドシナ半島部)タイでは、北部のプレー県、カオヤイ山地、そしてここチャンタブリ県と点在していて、数もあまり多くないようです。
 私がかなりの回数通ったカオヤイ国立公園でも、ごく限られた場所でほんの1、2回見かけたことがあるだけです。
 しかし、ここチャンタブリ県は大陸部としては多いようで、5月に ハイイロワモンチョウ(S.cambodia)を撮影した時も、クリークの上空をヒョコヒョコ飛んでいましたし、今日お写真を撮影した時は渓流沿いのトレイル上を、やはりベニモンアゲハと同じような熱帯ジャコウアゲハ独特のチョコチョコ翅を動かして、ゆっくり飛ぶ姿を何頭か見ることができました。
 ベニモンアゲハなどでもそうですが、吸蜜や吸水にでも降りないとゆっくり飛ぶので動きは眼で十分追えるのですがなかなか止まってくれません。
 でもこの日は、お天気悪かったせいなのか、何度も葉上に止まってくれました。


<20Jun'2015, Chantaburi> 以下同左








続きを読む

シロスソビキアゲハ(Lamproptera curius) の吸水 in Khao Soi Dao WS 2015

 今日は、Khao Soi Dao Wild Sactuary(WS)でクジャクアゲハを待っているときに撮影できた、
シロスソビキアゲハ(Lamproptera curius curius、英名:The White Dragontail)
のポンピングや集団吸水です。

 心なしかカオヤイ国立公園で良く見かける個体よりも、みんな大きめでした。

 雨季には珍しくとても天気の良い日で、なかなか綺麗な写真が撮れました。


<06Jun'2015, Khao Soi Dao> 以下同左








キベリアゲハ(Papilio clytia)オス in Phu Khieo WS & Nam Nao NP 2015

 今日は、昨日のメスを撮影した翌日とその翌週に同じ山系のPhu Khieo Wild Sanctuary とNam Nao 国立公園で撮影した、
キベリアゲハ(Papilio clytia clytia) , CN:Common Mime)
オスのです。

 メスの翌日の個体は、form dissimilis。
 翌週の個体は、form onpapa だと思います。
 このマネシアゲハの仲間をはじめ、マダラチョウに擬態するチョウはいろいろなタイプがあって、様々な紋様や色合いをしていて、不思議ですね。

 まずは、昨日のメスと同じ dissimilis 型です。

<29Mar'2015, Phu Khieo WS>


<29Mar'2015, Phu Khieo WS>


<29Mar'2015, Phu Khieo WS>


<29Mar'2015, Phu Khieo WS>

 翌週、Nam Nao国立公園の南側、俗にいう「松林側」で撮影した、 onpapa 型です。

<05Apr'2015, Nam Nao NP> 以下同左




続きを読む

キベリアゲハ(Papilio clytia)の産卵 in Nam Nao NP 2015

 今日は、Nam Nao 国立公園を訪れた際、運よく撮影できた、
キベリアゲハ(Papilio clytia clytia form dissimilis, CN:Common Mime)
メスの産卵、卵、食草です。

 Nam Nao 国立公園内の道路を『タイの自然と風景2』のカオヤイさんとチェンマイから遠征してきたIさんが居る方に向かって歩いていると、道路脇に植えられた大木のひこばえの若葉に、キベリアゲハが産卵を始めました。

 木はクスノキ科の Litsea glutinosa。
 タイ語でミーメン(熊臭い)、インドネシア名のタンカラックのほうがよく知られているようです。
 広くクスノキ科の木の葉を食草にしているようです。
 

<28Mar'2015, Nam Nao NP> 以下同左














続きを読む
アクセスカウンター

    livedoor プロフィール
    Facebookページ
    最新コメント
    記事検索
    カテゴリ別アーカイブ
    メッセージ
    参考累計アクセス数(含FC2)
    アクセスカウンター
    アクセス数(Livedoorへ引越後)
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    • ライブドアブログ
    トップに
    戻る