Naturing Thailand

 タイと仕事で関わりを持って25年以上が過ぎました。 昨年、病のため2度目の駐在からやむなく帰国。 また、タイに行きたいと思っています。 はじめはタイで遺跡や仏像を中心に撮っていましたが、いつのまにか蝶や動植物が主になってしまいました・・・

September 2014

チャグロサソリ in Khao Yai NP 2014

 今日は、カオヤイ国立公園で雨季になると雨上がりや夕方にときどき自動車道に出てくる、
チャグロサソリ(Heterometrus spinifer、英名:Asian Forest Scorpion or Giant Black Scorpion)
です。

 この日も、下山途中の道路を渡ろうとしている子を見つけ、近くのゾウの塩舐め場の脇で撮影しました。
 
 よく考えたら、以前も同じところで撮影していてみんな同じような画になってしまいました。

711_9929
<16Aug'2014, Khao Yai NP> 以下同左
 サソリがいつも鋏を上げて、毒針のある尾を上に反リ上げているわけではありません。
 写真に撮るため、棒でつついたりしてわざと怒らせて威嚇の格好をさせています。
 
711_9935

711_9943

711_9952

711_9960

V2_140816_0679

V2_140816_0684

V3_140816_1849

V3_140816_1855

V3_140816_1859

V3_140816_1862


 

野生のオスゾウ in Khao Yai NP 2014

 今日は、先月初めにカオヤイ国立公園で撮影した、
オスのアジアゾウ
です。

 オスは群れで行動するメス達とその子供たちと違い、単独で行動しています。

 たまに車や人に好奇心でイタズラするくらいで、小さな子供が群れに居る時の母親ゾウと違い、ここのオスゾウはあまり人を気にしないようで、悠々と車に近づいてきました。

 この日は後ろに車が詰まって逃げようがないので車の中でじっとして居ましたが、すぐ車の脇を通ってまた森に帰っていきました。

3S6_4126
<03Aug'2014, Khao Yai NP> 以下同左

 3S6_4134

3S6_4145

3S6_4156

3S6_4166

3S6_4180
続きを読む

ビルマムツアシガメ in Kaeng Krachan 2014

 チェンマイの蝶は今日から数日お休みです。
 再開後はセセリチョウになります。

 今日は、Kaeng Krachan国立公園内のトレイルで行き会った、 
ビルマムツアシガメ(Manouria emys phayrei (Blyth, 1853), CN::Burmese black forest tortoise)
です。

  甲羅の長さは50cm近く、重さも20Kg近くあったでしょうか。
 私が今まで見たことのあリクガメのなかでは断トツで大きかったですね。

 それもそのはず、ユーラシア大陸に分布するリクガメ科でも最大種らしいです。

 トレイルを一緒に歩いた、九州大学博物館から来られていたMさんが嬉しそうに抱きかかえていました。

3S6_2947
<28Jun'2014, Kaeng Krachan NP> 以下同左

3S6_2954

3S6_2968

3S6_2973

3S6_2982
 この日一緒にトレイルを上ったバンコク在住の友人KYさんの手です。

3S6_2998

3S6_3000

3S6_3007

3S6_2994

メスアオトラフシジミとロヒタキマダラルリツバメ in Chiang Mai 2014

 チェンマイのシジミチョウのおまけです。
 タイ中部にもよくいる、
メスアオトラフシジミ(Rapala pheretima petosiris, CN:The Copper Flash)

ロヒタキマダラルリツバメ(タイワンフタオツバメ)(Cigaritis lohita himalayanus, CN:The Long-banded Silverline)
です。

 綺麗な個体が居たので撮影しておきました。
 昨日も書きましたが、こんなにシジミチョウの密度が高い場所をタイ中部では私は知りません。

 いつかじっくりここでシジミチョウたちを撮りたいですね。

 まず、Rapala pheretimaです。

<11May'2014, Chiang Mai>

 続いて、Cigaritis lohitaです。

<11May'2014, Chiang Mai>

Arhopala alax(CN:The Silky Oakblue)

 今日は5月にチェンマイ県で撮影できたムラサキシジミの最後、
オオカレハムラサキシジミ(Arhopala alax,CN:The Silky Oakblue)
です。

 今回私が撮影できたムラサキシジミは6種類。
 でもIさんによれば、10種ぐらいいたと思いますということで、撮り逃しがあったようです。
 写真も、種類の多さと数の多さで逆に焦ってしまい思ったような写真が撮れていないのは、ご覧の通りです。

 この場所はまたいつかゆっくりと撮影したいと思わせてくれる場所でした。


<11May'2014, Chianag Mai>
アクセスカウンター

    livedoor プロフィール
    Facebookページ
    最新コメント
    記事検索
    カテゴリ別アーカイブ
    メッセージ
    参考累計アクセス数(含FC2)
    アクセスカウンター
    アクセス数(Livedoorへ引越後)
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    • ライブドアブログ
    トップに
    戻る