Naturing Thailand

 タイと仕事で関わりを持って25年が過ぎました。 現在2度目の駐在中です。 遺跡や仏像を中心に撮っていましたが、最近は健康のために始めたトレッキング中に撮るようになった蝶や動植物が主になってきました。 (・・・と、記していましたが、すっかりチョウの紹介Blogになってしまいました・・・)

May 2013

ハンミョウの仲間 その1-2 in Saraburi

今日は、昨日のハンミョウの仲間 Calochroa mouhoti の続きです。

 綺麗なハンミョウだと思って撮っていたら、やはり凶暴な肉食昆虫。
 目の前で、自分より大きなハチが地面に停まったと思ったらすごい勢いで襲いかかって頭を食いちぎり、その頭だけ銜えてどこかに飛んで行ってしまいました。

 ハチに初めの一撃を加えてから、頭をちぎるまで6分強でした。

 一撃を加えた直後から、ちぎった頭を銜えて飛び去るまでを順を追って写真を並べました。

 しつこくご覧になっていただける方は、下の写真をご覧ください。
 途中で見飽きるよう方は、最初の写真をクリックしていただけると、ハチを襲うシーン約6分間を50枚弱の写真のスライド種ーでご覧いただけます。

 撮影は、5月6日、サラブリ県、D800に105mmのマクロで行っています。
801_8773.jpg

6f25525d.jpg

 まず、前脚に噛みついてひっくり返して、地面に押しつけました。
b99785f2.jpg


e8a907d5.jpg


1f36ed56.jpg


95ce29a8.jpg


a5468a82.jpg


9d6ed0fe.jpg


30032593.jpg

 弱って来たところで、いったん離れて、この後クライマックスに向かいます。
8a7d11f6.jpg

 頭への攻撃が始まりました。
c71e955d.jpg


77401861.jpg


17b87543.jpg


17df5338.jpg


d2026514.jpg


1b49c992.jpg


04507335.jpg


a910ff18.jpg

 攻撃を始めてから、最後の写真で頭を切断するまで6分少しです。
 直ぐ上の2枚の写真で、白い大顎で切り取り終わったのが分かりますね。
 
  頭を銜えて飛び去ったと思った10分ほど後、近くの葉の上で頭を銜えたままの同じ子に出会いました。
a208dd4b.jpg

<06May'2013, Saraburi, D3S>

513a21e7.jpg

<06May'2013, Saraburi, D800>
 ゆっくり食べるんでしょうか?



 

ハンミョウの仲間 その1-1 in Saraburi

今日は、ハンミョウの仲間、
Calochroa mouhoti pseudosiamensis
です。

 一昨日の記事に書いたように、今月初めに訪れたサラブリ県内のカオヤイ国立公園の西端にある滝と、この滝の谷の北側の森林公園に初めて行ってきました。

 今日から4日間、この滝のトレイルで撮影できた3種のハンミョウの紹介です。
 撮影できた3種のハンミョウのうち今日の子明後日の子は、図鑑Beatles of Thailand の発行元でもある SIAM INSECT-ZOO & MUSEUM のBlog記事では、お隣のナコンナヨック県で会える『Rare and beautiful tiger beetles from Nakhon Nayok』の3種のうちの2種として記載されています。 
 簡単に会えてしまったので、本当にRareかどうかは分かりませんが、beautiful であることは確かでした。

 では、本題のC.mouhoti pseudosiamensisです。
 体長は20mm弱ほどでした。

fc1f77f8.jpg

<06May'2013, Saraburi, D800>

a4ca116d.jpg

<06May'2013, Saraburi, D3S>

f5bb6add.jpg

<06May'2013, Saraburi, D800>

aa98a539.jpg

<06May'2013, Saraburi, D800>

ae9145dc.jpg

<06May'2013, Saraburi, D800>

f39cf204.jpg

<06May'2013, Saraburi, D800>

アオバハゴロモの仲間の幼虫 その1-2

 昨日の続きです。

 初めてご覧になった方は、これが昆虫なのと思ったはずです。
 ということで、今日は幼虫一頭一頭の様子が分かる写真と、枝の上を歩き回る動画です。

993b893a.jpg

<06May'2013, Khao Yai NP(Saraburi), V2>

ff5f6ebc.jpg

<06May'2013, Khao Yai NP(Saraburi), V2>

623cbbea.jpg

<06May'2013, Khao Yai NP(Saraburi), V2>

5baf3c89.jpg

<06May'2013, Khao Yai NP(Saraburi), V2>

48f84a9e.jpg

<06May'2013, Khao Yai NP(Saraburi), D800>

efaca74f.jpg

<06May'2013, Khao Yai NP(Saraburi), D800>

2e322777.jpg

<06May'2013, Khao Yai NP(Saraburi), D800>

82212512.jpg

<06May'2013, Khao Yai NP(Saraburi), D800>

8084978d.jpg

<06May'2013, Khao Yai NP(Saraburi), D800>

51d08d03.jpg

<06May'2013, Khao Yai NP(Saraburi), D800>

a8bb8ffc.jpg

<06May'2013, Khao Yai NP(Saraburi), D800>

49cf37a1.jpg

<06May'2013, Khao Yai NP(Saraburi), D800>

6861cf0b.jpg

<06May'2013, Khao Yai NP(Saraburi), D800>

3df9e546.jpg

<06May'2013, Khao Yai NP(Saraburi), D800>

05fac063.jpg

<06May'2013, Khao Yai NP(Saraburi), D800>

以下は動画です。







アオバハゴロモの仲間の幼虫 その1-1

 今月初め、サラブリ県内のカオヤイ国立公園の西北端にある滝と、この滝の谷の北側の森林公園に初めて行ってきました。
 以前、「タイの自然と風景2」のカオヤイさんに、良さそうと情報をもらっていたところです。

 ただ、今年の暑季はタイ中部以北は特に雨が少なく、わずか2年前に貯水量が限界を超えて、タイ中部北部大洪水の原因の一つとなったプミポンダムやシリキットダムの貯水量が平年を大きく下回っています。
 この記事を予約投稿している5月8日の新聞には、この時期大切な田植えなどにも必要な農業用水の使用制限も始まっていました。

 そんな訳で、今年の3月からは特にサラブリ県やカオヤイを避けてペブリ県のミャンマー国境の山岳地帯に繰り出していましたが、あまりの行楽客やバーダーの多さに厭になって、蝶はまだあまり居ないと分かっていても、5月最初の3連休のうち2日間は、カオヤイ国立公園とサラブリ県の山地に出かけてしまいました。

 どちらも、やはりカラカラで蝶影はほとんど無し

 でも、カオヤイ国立公園では目的通り、ツルランテナガコガネのオス、メスを撮影できたので、サラブリはどうしようかと迷った末に冒頭の滝とそのお隣の森林公園に行きました。

  サラブリの方もカラカラで、冒頭述べた滝にもところどころに水溜りがかろうじて残っているだけで流れる水は全くありませんでした。
 でもなんか良いことあるだろうと38℃の熱暑の中、滝へのトレイルを行くと、3種のハンミョウが撮影できました。
 森林公園では、なかなか良い景色と、今まで見たことがないほど大量のアオバハゴロモの仲間の幼虫に埋め尽くされた木々を見れました。

 今日、明日はその、アオバハゴロモの仲間の幼虫達です。

 まずは、森林公園から見たカオヤイ国立公園の西北端の景色。
a11299d5.jpg

<06May'2013, Khao Yai NP(Saraburi), V2>

c876c04e.jpg

<06May'2013, Khao Yai NP(Saraburi), V2>

c30815f4.jpg

<06May'2013, Khao Yai NP(Saraburi), V2>
 この先のトレイルを少し上ったところに、遠目では白い綿雪のようにみえるハゴロモの幼虫に、何本かの木が埋め尽くされた場所がありました。

3ff8d45e.jpg

<06May'2013, Khao Yai NP(Saraburi), D3S>

c51cd747.jpg

<06May'2013, Khao Yai NP(Saraburi), D3S>

8a538cf2.jpg

<06May'2013, Khao Yai NP(Saraburi), D3S>

270de9cc.jpg

<06May'2013, Khao Yai NP(Saraburi), D3S>

4e5a1997.jpg

<06May'2013, Khao Yai NP(Saraburi), D3S>

f4980845.jpg

<06May'2013, Khao Yai NP(Saraburi), D3S>

9c89b1e6.jpg

<06May'2013, Khao Yai NP(Saraburi), D3S>

38f51180.jpg

<06May'2013, Khao Yai NP(Saraburi), D3S>

88c72f87.jpg

<06May'2013, Khao Yai NP(Saraburi), D3S>

4810648b.jpg

<06May'2013, Khao Yai NP(Saraburi), D3S>

707c035b.jpg

<06May'2013, Khao Yai NP(Saraburi), D3S>

f8cc8f23.jpg

<06May'2013, Khao Yai NP(Saraburi), D800>

巨大なコノハギス(メス) その2

 今日は、巨大なコノハギス、
The giant false leaf katydid(Pseudophyllus titan)
メスです。

 この日も、九州大学の丸山先生好蟻性生物写真家の小松さん に同行してトレイルを歩いた後に、公園内唯一の食堂でみんなんで一緒に食事をしようとしていたところで、この子が現れました。

 前回出会ったと子と同じくメスでした。
 とにかく大きく、触角を除いて10cm以上あります。
 私はその瞬間に立ち会わなかったのですが、木の上のほうから、地面に落ちて来るように飛んできたそうです。
 見つけたのは、その日同行したYさんだったと記憶しています。

 夜に活動し、昼間は葉上でじっとしている習性のようですが、なぜか落っこちたか飛んできちゃったんでしょうね。

0a3ecb1b.jpg

<12May'2013, Petchaburi, V2>

c12d3818.jpg

<12May'2013, Petchaburi, V2>

3240c42b.jpg

<12May'2013, Petchaburi, V2>

4c4e3c8a.jpg

<12May'2013, Petchaburi, D800>

2499ca23.jpg

<12May'2013, Petchaburi, D800>

177a082d.jpg

<12May'2013, Petchaburi, D800>

abdd2364.jpg

<12May'2013, Petchaburi, D800>

78eb14d1.jpg

<12May'2013, Petchaburi, D800>
アクセスカウンター

    livedoor プロフィール
    Facebookページ
    最新コメント
    記事検索
    カテゴリ別アーカイブ
    メッセージ
    参考累計アクセス数(含FC2)
    アクセスカウンター
    アクセス数(Livedoorへ引越後)
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    • ライブドアブログ
    トップに
    戻る