Naturing Thailand

 タイと仕事で関わりを持って25年以上が過ぎました。 昨年、病のため2度目の駐在からやむなく帰国。 また、タイに行きたいと思っています。 はじめはタイで遺跡や仏像を中心に撮っていましたが、いつのまにか蝶や動植物が主になってしまいました・・・

June 2012

エグリゴマダラの幼虫と蛹 in Petchaburi

 今日の記事は、「タイの自然と風景2」のカオヤイさんが記事にされていた、「タテハの仲間の幼虫」の続編です。

 カオヤイさんが記事にされた写真を撮影された後、登山道路が倒れた大木でふさがれて車が登れなかったりして、幼虫の確認に行けなくなり、その翌週はカオヤイさんが日本出張で確認に行けない状況にあっっため、不肖私が代役で確認に行ってきた報告です。

 この日、カオヤイさんが幼虫を撮影された木には、もう幼虫は見当たりませんでした。
 蛹もこの木にも、周囲の木にも確認できませんでした。
1877b26d.jpg
<12/06/10 ペブリ県 D700 VR 105mm F/2.8G ×1.4 SB-900>

 みんな鳥に食べられてしまったか、離れたところで蛹になったかと思いました。
 でも、めげずに少し離れたところまで捜索。
 3mほど離れた土手の上に、小さいですが同じ木がありました。
017a39c3.jpg
<12/06/10 ペブリ県 D700 VR 105mm F/2.8G ×1.4 SB-900>

 よく見たら、大型の幼虫がいました。
 さらに良く探したら、葉の下に既に黒化しはじめた蛹が。
3b94f498.jpg
<12/06/10 ペブリ県 D700 VR 105mm F/2.8G ×1.4 SB-900>

e9bfff18.jpg
<12/06/10 ペブリ県 D700 VR 105mm F/2.8G ×1.4 SB-900>

 その後、今日の私の写真をカオヤイさんがカオヤイさんの記事に時々コメントされているT大学のNさんに転送され、エグリゴマダラの終齢幼虫と蛹であることがわかりました。

 この翌週、カオヤイさんと子の木を確認に行った時には幼虫も蛹も見つかりませんでした。

 自然の掟は厳しいですね。
続きを読む

オオサマナンバンダイコクコガネ(メス) in Khao Yai

 やはり灯火に来て居残った、
オウサマナンバンダイコクコガネ(Heliocopris domius)
メスです。

 特徴は、頭の真中の出っ張りの上の3つの角の内、真中がかなり大きく高く尖っていることです。
 体もメスたちの中では特に大きく、今日最後のライターと比べた写真でお分かりと思いますが60mm近くあります。

 昨日までの甲虫たちと同じく灯火に来て居残った口ですが、昨日の子達が木や金網など地上から離れた所に残っていたのと異なり、地面や草むらに居残っていました。

 この子たちにも会えるようになったので、いよいよ甲虫の季節到来といった所ですね。

 また、ゾウ糞ホジホジの季節がやってきました。
 今年は、今までなぜかまだ出会えていないセアカナンバンダイコクコガネのオスを撮影したいですね。

bf2249c3.jpg
<12/06/16撮影 カオヤイNP D700 VR 105mm F/2.8G ×1.4>

e355b7cb.jpg
<12/06/16撮影 カオヤイNP D700 VR 105mm F/2.8G ×1.4>

fe405b66.jpg
<12/06/16撮影 カオヤイNP D700 VR 105mm F/2.8G ×1.4>

cfeeddfd.jpg
<12/06/16撮影 カオヤイNP D700 VR 105mm F/2.8G ×1.4>

f804a5bf.jpg
<12/06/16撮影 カオヤイNP D700 VR 105mm F/2.8G ×1.4>

3b92066d.jpg
<12/06/16撮影 カオヤイNP D700 VR 105mm F/2.8G ×1.4>

タテヅノマルバネクワガタ(メス) in Khao Yai

 今日は、さらに続いて同じ時に撮影した、
タテヅノマルバネクワガタ(Neolucanus saundersi maximus)
のメスです。

体長は、メスということもあって昨日の子よりやや小型で約45mmです。

昨年のタテヅノマルバネクワガタの記事

 メスには何度か出会っているのですが、多分オスには出会ったことがないですね。
 行き当たりばったりで、灯火に誘われてきて偶々朝まで残っていた子頼りですから贅沢言えないですね。

38afe476.jpg
<12/06/16撮影 カオヤイNP D700 VR 105mm F/2.8G ×1.4>

1bf79a50.jpg
<12/06/16撮影 カオヤイNP D700 VR 105mm F/2.8G ×1.4>

e4ab43f9.jpg
<12/06/16撮影 カオヤイNP D700 VR 105mm F/2.8G ×1.4>

b8b54ea2.jpg
<12/06/16撮影 カオヤイNP D300 NK Fisheye 10.5mm F/2.8G ×1.5 内蔵フラッシュ>

2b47fc21.jpg
<12/06/16撮影 カオヤイNP D300 NK Fisheye 10.5mm F/2.8G ×1.5 内蔵フラッシュ>

31b6ad2e.jpg
<12/06/16撮影 カオヤイNP D300 NK Fisheye 10.5mm F/2.8G ×1.5 内蔵フラッシュ>

237c0378.jpg
<12/06/16撮影 カオヤイNP D300 NK Fisheye 10.5mm F/2.8G ×1.5 内蔵フラッシュ>

オニツヤクワガタ in Khao Yai

 今日は、昨日のテナガコガネと同じ時に撮影した、
オニツヤクワガタ(Odontolabis siva siva)
オスの短歯型です。

 絶対に指を挟まれたくないような、大顎ですね。
 だいたい、クワガタ、カブトの仲間は短歯、短角型より長歯、長角型のほうが格好良い子達が多いのですが、この子は短歯型でも十分格好良く、迫力がありました。
 体長は60mmほどで、力強かったです。

9a1d0130.jpg
<12/06/16撮影 カオヤイNP D700 VR 105mm F/2.8G ×1.4>

6051da50.jpg
<12/06/16撮影 カオヤイNP D700 VR 105mm F/2.8G ×1.4>

8da50fcd.jpg
<12/06/16撮影 カオヤイNP D700 VR 105mm F/2.8G ×1.4 SB-900>

a97c23d6.jpg
<12/06/16撮影 カオヤイNP D700 VR 105mm F/2.8G ×1.4 SB-900>

46d76530.jpg
<12/06/16撮影 カオヤイNP D700 VR 105mm F/2.8G ×1.4 SB-900>

a45c587c.jpg
<12/06/16撮影 カオヤイNP D700 VR 105mm F/2.8G ×1.4>

e8b7098c.jpg
<12/06/16撮影 カオヤイNP D300 NK Fisheye 10.5mm F/2.8G ×1.5 内蔵フラッシュ>

44b42845.jpg
<12/06/16撮影 カオヤイNP D300 NK Fisheye 10.5mm F/2.8G ×1.5 内蔵フラッシュ>

85bf7eb1.jpg
<12/06/16撮影 カオヤイNP D300 NK Fisheye 10.5mm F/2.8G ×1.5 内蔵フラッシュ>

続きを読む

テナガコガネ(オスとメス) in Khao Yai

 10日前の土曜日にカオヤイ国立公園に出かけたときのこと、この日は、最高峰のカオ・キァオ山の山頂へ続く道は、下のゲートが閉まっていて、途中で大雨による土砂崩れがあって通行を控えることと公園職員に言われました。
 下の方のキララ第1ポイントででも撮影しようと、途中までだからと説明して一応中に入れてもらいました。
 普通の訪問者の車は一切通りませんでしたが、山頂にある空軍基地関係者の軍用車やピックアップトラックがときどき通って行きます。
 そこで運転手さんと行ける所まで行ってみようかと、車で登ったら上まで行けちゃいました。

 そうして登ったら、朝まで降っていた雨の影響か、展望台近くのゲートの灯火の周りに、クワガタが3種4頭、テナガコガネがオスメス合わせて3頭、ナンヨウミヤマカミキリのメスにその他カミキリムシ、ナンバンダイコクコガネが2種3頭とたくさんの甲虫が周囲の木や草地に散らばっていました。

 観光客が1人も上がってこないので、心置きなくマクロ、魚眼で持って行ったCF48GBを使い切ってしまいました。

 今日から数日はこの時の甲虫たちです。
 まず今日は、
テナガコガネのオスとメス
です。

カオヤイは C.gestroi と C.parryi 2種が混生している地域なので、相変わらず C.gestroi なのか C.parryi なのかよくわかりませんが、 大英自然史博物館(Natural History Museum)のHPの収蔵品解説のうちの脛節の中ほどの刺状片が短いということでC.gestroiとしましたが、脛節の先の方(ふ節の付け根辺り)の刺状片は私が今まで見たことのあるオスの個体は今日の子も含めてすべて、図鑑や写真集にある C.gestroi や C.parryi のいずれの標本例と比べると短く、まだ最終成虫になっていないため見た目だけでは判別困難とした方がよいのかもしれません。

昨年のカオヤイのテナガコガネのオスの記事
  
 まずオスを、<<続き>>にメスの写真をUPしてあります。

 まず、オスです。
427728d9.jpg
<12/06/16撮影 カオヤイNP D700 VR 105mm F/2.8G ×1.4>

810b0118.jpg
<12/06/16撮影 カオヤイNP D700 VR 105mm F/2.8G ×1.4 SB-900>

ff2cc34a.jpg
<12/06/16撮影 カオヤイNP D700 VR 105mm F/2.8G ×1.4 SB-900>

f9f523ed.jpg
<12/06/16撮影 カオヤイNP D700 VR 105mm F/2.8G ×1.4 SB-900>

71c05dd0.jpg
<12/06/16撮影 カオヤイNP D700 VR 105mm F/2.8G ×1.4 SB-900>

038887b2.jpg
<12/06/16撮影 カオヤイNP D700 VR 105mm F/2.8G ×1.4>

83940aeb.jpg
<12/06/16撮影 カオヤイNP D300 NK Fisheye 10.5mm F/2.8G ×1.5 内蔵フラッシュ>

3398af6a.jpg
<12/06/16撮影 カオヤイNP D300 NK Fisheye 10.5mm F/2.8G ×1.5 内蔵フラッシュ>

c0e80acc.jpg
<12/06/16撮影 カオヤイNP D300 NK Fisheye 10.5mm F/2.8G ×1.5 内蔵フラッシュ>
続きを読む
アクセスカウンター

    記事検索
    livedoor プロフィール
    Facebookページ
    最新コメント
    カテゴリ別アーカイブ
    メッセージ
    参考累計アクセス数(含FC2)
    アクセスカウンター
    アクセス数(Livedoorへ引越後)
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    • ライブドアブログ
    トップに
    戻る