Naturing Thailand

 タイと仕事で関わりを持って25年が過ぎました。 現在2度目の駐在中です。 遺跡や仏像を中心に撮っていましたが、最近は健康のために始めたトレッキング中に撮るようになった蝶や動植物が主になってきました。 (・・・と、記していましたが、すっかりチョウの紹介Blogになってしまいました・・・)

August 2011

ビルマニシキヘビ

 今日は、カオヤイ国立公園で出会った、
ビルマニシキヘビ(Python molurus bivittatus、英名:Burmese Python)
です。

 インドニシキヘビ(P.molurus)の最大亜種で、メスが大きく体長3~4.5mといわれていますが、この日撮影できた個体は、5m超の大物でした。
  ゴルフ用のヤード歩幅で6歩ありましたから間違いないともいます。
 以前3m弱の個体をジャングルの中のトレイルで見たことがありますが、こんな大きな個体は初めてです。
 10m近くなるアミメニシキヘビと異なり、野生のインドニシキヘビで5mというのはかなりの大物ですね。

 カオヤイ国立公園で、いつものようにゾウの糞を探して歩いている時に道路と小川の間のブッシュで見つけました。
 近くにゾウ道とは異なるやや小型の獣道があり、イノシシらしき足跡があったので、ここで獲物を張っていたのかもしれません。

 胴の太い所は10cm径ほどありました。
 全身を撮ってやろうと、威嚇したり突っついたりして開けた所に出してやろうとしたのですが、そのうちブッシュの中に消えていってしまいました。

 次は是非、最長といわれる野生のアミメニシキヘビに会いたいですね。

 1週間後に再度訪れ撮影した、ビルマニシキヘビを撮影した場所です。
623d3336.jpg

<11/08/28撮影 カオヤイNP XZ-1>

94afc600.jpg

<11/08/28撮影 カオヤイNP XZ-1>
 ゾウ道とは異なる細い獣道が近くにありました。

698c4b62.jpg

<11/08/28撮影 カオヤイNP XZ-1>
 こちらの獣道の脇に潜むようにいました。
 イノシシらしい足跡が奥の森に入るところにありました。

d4ea8942.jpg

<11/08/20撮影 カオヤイNP D3S VR ED 70-200mmF/2.8G ×1.7>
 あたまの白いV字がインドニシキヘビの特徴です。

8648bc2f.jpg

<11/08/20撮影 カオヤイNP D3S VR ED 70-200mmF/2.8G ×1.7>

79648061.jpg

<11/08/20撮影 カオヤイNP XZ-1>
 高さ8.6cmのマールボロのパッケージと比べると胴の太さが十数センチメートルあることが分かります。

981783f1.jpg

<11/08/20撮影 カオヤイNP XZ-1>
 胴がほぼ直線になったところで、脇をヤード歩測して約6歩、5m以上ある超大物でした。

bec23bef.jpg

<11/08/20撮影 カオヤイNP D3S VR ED 70-200mmF/2.8G ×1.7>
続きを読む

クルヴィデンスオオクワガタ(オス) - Khao Yai NPのカブト、クワガタその9

 今日は、
クルヴィデンスオオクワガタ(Dynodorcus curvidens volscens)
オス
です。

 日本のオオクワガタに近いホーペ、グランディス、クルビデンスと言った仲間は、亜熱帯の高地から温帯にかけて分布していて、この中ではこのクルヴィデンスが一番南まで分布を広げているようです。

 ここドンパヤーイェン-カオヤイ森林地帯の標高の高い温帯森林相が南限のようです。

 種名の”curvidens”とは「曲がった歯の」という意味(ウィキペディア)だそうで、確かに角の内歯が上向きから内向きにひねられたようなカーブが角に見て取れます。

同じくカオヤイで撮影したメスの記事

  今日の写真のExif情報が必要な方は、フォト蔵-クルヴィデンスオオクワガタ(オス)in Khao Yai その1 でご確認ください。

67d43290.jpg

<11/07/24撮影 カオヤイNP D700 VR 105mm F/2.8G ×1.4>
続きを読む

ニグリトゥスフタマタクワガタ その4 - Khao Yai NPのカブト、クワガタその8

 今日も引き続きしつこく、カオ・キァオ山の、
ニグリトゥスフタマタクワガタ(Hexarthrius nigritus)
です。

 今までで最も大きな個体で、かなり立派な大アゴをしていました。

 今日の写真のExif情報が必要な方は、フォト蔵 - ニグリトゥスフタマタクワガタ in Khao Yai その5 でご確認ください。

6d7d3195.jpg

<11/08/07撮影 カオヤイNP D300 NK Fisheye 10.5mm F/2.8G ×1.5 内蔵フラッシュ>

6d30b2cf.jpg

<11/08/07撮影 カオヤイNP D700 VR 105mm F/2.8G ×1.4>

5bf076c6.jpg

<11/08/07撮影 カオヤイNP D700 VR 105mm F/2.8G ×1.4>

38b5725b.jpg

<11/08/07撮影 カオヤイNP D300 NK Fisheye 10.5mm F/2.8G ×1.5 内蔵フラッシュ>
続きを読む

霧の中のニグリトゥスフタマタクワガタ - Khao Yai NPのカブト、クワガタその7

 今日も引き続き、
ニグリトゥスフタマタクワガタ(Hexarthrius nigritus)
です。

 カオヤイ国立公園の最高峰カオ・キァオ山でこの時期良く出る霧の中での撮影写真です。
 いつもの木で撮影しましたが、クワガタの全身はすぐに霧の細かい水滴がに包まれました。

 山塊であるこの公園の中でも、ひときわ高いカオ・キァオ山、この時期は良く雲の中に隠れてしまいます。

 今日の写真のExif情報が必要な方は、フォト蔵 - ニグリトゥスフタマタクワガタ in Khao Yai その4 でご確認ください。

5ea8cbab.jpg

<11/07/31撮影 カオヤイNP D300 NK Fisheye 10.5mm F/2.8G ×1.5 内蔵フラッシュ>

219a74fc.jpg

<11/07/31撮影 カオヤイNP D300 NK Fisheye 10.5mm F/2.8G ×1.5 内蔵フラッシュ>

9c2cb861.jpg

<11/07/31撮影 カオヤイNP D300 NK Fisheye 10.5mm F/2.8G ×1.5 内蔵フラッシュ>
続きを読む

ニグリトゥスフタマタクワガタ その2 - Khao Yai NPのカブト、クワガタその6

 今日は、昨日に続き
ニグリトゥスフタマタクワガタ
オスとメスです。

 今日はオスとメスです。
  クワガタのメスはどの種も似たり寄ったりですが、大きさや翅鞘の線条などからフタマタのメスとしましたが、違っていたらお教えください。

 今日の写真のExif情報が必要な方は、フォト蔵 - ニグリトゥスフタマタクワガタ in Khao Yai その3 でご確認ください。

f295c1cd.jpg

<11/07/24撮影 カオヤイNP D700 VR 105mm F/2.8G ×1.4>

91940200.jpg

<11/07/24撮影 カオヤイNP D300 NK Fisheye 10.5mm F/2.8G ×1.5 内蔵フラッシュ>

f7910063.jpg

<11/07/24撮影 カオヤイNP D300 NK Fisheye 10.5mm F/2.8G ×1.5 内蔵フラッシュ>

50b3329f.jpg

<11/07/24撮影 カオヤイNP D300 NK Fisheye 10.5mm F/2.8G ×1.5 内蔵フラッシュ>

4dec3396.jpg

<11/07/24撮影 カオヤイNP D700 VR 105mm F/2.8G ×1.4>

a543121c.jpg

<11/07/24撮影 カオヤイNP D300 NK Fisheye 10.5mm F/2.8G ×1.5 内蔵フラッシュ>




 
続きを読む
アクセスカウンター

    livedoor プロフィール
    Facebookページ
    最新コメント
    記事検索
    カテゴリ別アーカイブ
    メッセージ
    参考累計アクセス数(含FC2)
    アクセスカウンター
    アクセス数(Livedoorへ引越後)
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    • ライブドアブログ
    トップに
    戻る