Naturing Thailand

 タイと仕事で関わりを持って25年以上が過ぎました。 昨年、病のため2度目の駐在からやむなく帰国。 また、タイに行きたいと思っています。 はじめはタイで遺跡や仏像を中心に撮っていましたが、いつのまにか蝶や動植物が主になってしまいました・・・

July 2011

クセノクレスマダラタイマイ その2 - Petchaburi県のアゲハ蝶2011 その11

今日は、
クセノクレスマダラタイマイ(Graphium xenocles lindos、英名:The Great Zebra)
です。

 タイには、何種類か居るまだらタイマイの仲間の一つです。
 その中でも、このクセノクレスは最も大きくきれいなマダラタイマイの一つです。
 肛角部のオレンジ色のスポットが白色部が多く明るく見える翅裏で、綺麗なワンポイントになっています。

昨年のクセノクレスマダラタイマイの記事

 今日の写真のExif情報の詳細が必要な方は、フォト蔵‐クセノクレスマダラタイマイ その2 でご確認ください。

6bc8a3c5.jpg

<11/02/05撮影 ぺブリ県 D3S-DX VR 70-200mmF/2.8G ×1.7>
 白色部の多い翅でオレンジスポットが目立ちます。

f0844d9c.jpg

<11/02/05撮影 ぺブリ県 D3S-DX VR 70-200mmF/2.8G ×1.7>
 前列左から、クセノクレスマダラタイマイ、コモンマダラタイマイ、マダラタイマイ。
 初めての方は、アゲハチョウとま思えないでしょうが、立派なGraphium属(アオスジアゲハの仲間)のアゲハ蝶です。

7e26593a.jpg

<11/02/05撮影 ぺブリ県 D3S-DX VR 70-200mmF/2.8G ×1.7>
 左は、キロンタイマイ。
続きを読む

キロンタイマイ その2 - Petchaburi県のアゲハ蝶2011 その10

今日は
・キロンタイマイ(Graphium chironides chironides、英名:The Veined Jay)
です。

 綺麗な色合いの小型のミカドアゲハの仲間です。
 私は、この公園以外で見かけたことがありません。
 翅裏のの後翅外縁と前翅の基部にに薄いオレンジ色が乗っており、表面の水色はとても鮮やかです。

 この公園でも、ミカドアゲハとアオスジアゲハはたくさん目にしますが、このキロンタイマイはたまにしか目にしません。
 とても可愛いのとたまにしか会えないので、で見かけるとついカメラを向けてしまいます。

昨年のぺブリ県のキロンタイマイの記事

 今日の写真のExif情報の詳細が必要な方は、フォト蔵 - キロンタイマイ その2 でご覧ください。

31946211.jpg

<10/12/12撮影 ぺブリ県 D700 VR 105mm F/2.8G ×1.4>

05882120.jpg

<10/12/12撮影 ぺブリ県 D700 VR 105mm F/2.8G ×1.4>

c979e54c.jpg

<10/12/12撮影 ぺブリ県 D700 VR 105mm F/2.8G ×1.4>

2428464a.jpg

<11/02/05撮影 ぺブリ県 D3S-DX VR 70-200mmF/2.8G ×1.7>
 前列左から、ミカドアゲハ、キロンタイマイ、クセノクレスマダラタイマイ、キシタシロチョウ。
続きを読む

アンティファテスオナガタイマイ その3 - Petchaburi県のアゲハ蝶2011 その9

 今日は、
アンティファテスオナガタイマイ(Graphium antiphates pompilius、英名:The Fivebar Swordtail)
です。
 
 何も言うことはありません。
 とても美しいオナガタイマイです。 

 あまり数は多くないですね。
 とても警戒心が強くなかなか近寄らせてくれないので、写真もあまり多くありません。

昨年のアンティファテスオナガタイマイの記事

 居胃の写真のExif情報の詳細が必要な方は、フォト蔵‐アンティファテスオナガタイマイ その3 でご確認ください。

2fbcca86.jpg

<11/02/13撮影 ぺブリ県 D3S VR 70-200mmF/2.8G ×1.7>

87c9d281.jpg

<11/04/24撮影 ぺブリ県 D3S VR 70-200mmF/2.8G ×1.7>

70cea900.jpg

<11/05/07撮影 ぺブリ県 D3S VR 70-200mmF/2.8G ×1.7>


アゲテスオナガタイマイ その2 - Petchaburi県のアゲハ蝶2011 その8

 今日は
アゲテスオナガタイマイ(Graphium agetes agetes、英名:The Fourbar Swordtail)
です。

 申し訳ありません。
 この子たちの写真だけは、今年撮影した中でまともな写真がありませんでした。
 今日だけは、昨年の4月に撮影した写真で紹介させてください。

 この公園では、毎年3月末からアリステウスオナガタイマイの何百、何千という大吸水集団を見ることができますが、今日のアゲテスや明日紹介のアンティファテスはそれほど数が多くなく、3頭以上が群れて吸水する姿を見ることは稀です。

昨年のアゲテスオナガタイマイの記事

 今日の写真のExif情報の詳細が必要な方は、フォト蔵‐アゲテスオナガタイマイ その2 で確認ください。

e8ad8722.jpg

<10/04/14撮影 ぺブリ県 D700 NK Fisheye 10.5mm F/2.8G ×1.5>

cec2161e.jpg

<10/04/14撮影 ぺブリ県 D300 VR 300mmF/2.8G ×1.7>

d703bd17.jpg

<10/04/14撮影 ぺブリ県 D300 VR 300mmF/2.8G ×1.7>

続きを読む

ルリモンアゲハ その5 - Petchaburi県のアゲハ蝶2011 その7

 今日は、
ルリモンアゲハ(Papilio paris paris、英名:The Paris Peacock)
です。

 カオヤイ国立公園で良く見かけるルリモンアゲハですが、ぺブリ県ではカオヤイ国立公園ほどは見かけません。
 カオヤイ国立公園内のラムタコーン川の河畔では、ときどきルリモンアゲハだけが数十頭集まった集団も見ることができますが、ぺブリ県のこの国立公園ではそうしたルリモンアゲハだけの吸水集団というのは滅多に見られません。
 
 今日は、そのぺブリ県の国立公園で珍しく集まっていたルリモンアゲハです。

以前のカオヤイ国立公園のルリモンアゲハの記事


 今日の写真のExif情報の詳細が必要な方は、フォト蔵‐ルリモンアゲハ in Petchaburi でご確認ください。

9bc2c125.jpg

<11/06/04撮影 ぺブリ県 D3S-DX VR 70-200mmF/2.8G ×1.7>

acc971c1.jpg

<11/06/04撮影 ぺブリ県 D3S VR 70-200mmF/2.8G ×1.7>

94ba167d.jpg

<11/06/04撮影 ぺブリ県 D3S VR 70-200mmF/2.8G ×1.7>

続きを読む
アクセスカウンター

    記事検索
    livedoor プロフィール
    Facebookページ
    最新コメント
    カテゴリ別アーカイブ
    メッセージ
    参考累計アクセス数(含FC2)
    アクセスカウンター
    アクセス数(Livedoorへ引越後)
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    • ライブドアブログ
    トップに
    戻る