Naturing Thailand

 タイと仕事で関わりを持って25年以上が過ぎました。 昨年、病のため2度目の駐在からやむなく帰国。 また、タイに行きたいと思っています。 はじめはタイで遺跡や仏像を中心に撮っていましたが、いつのまにか蝶や動植物が主になってしまいました・・・

March 2011

ヒガシベンガルオオトカゲの子供-3月の

 今日は、2月に同じ木枯れ木の穴から顔だけ出していた、
ヒガシベンガルオオトカゲ(Varanus nebulosus、英 名:Bengal Monitor, Clouded Monitor)
の子供です。
 
 2月に撮影した時は、顔しか見えなかったため、昨年7月にやはりこの枯れ木で撮影した個体と同じ固体だと思い違いをしていましたが、3月に撮影して昨年撮影の個体の半分くらいの大きさだと分かりました。
 去年の子の弟か子供でしょうか?

昨年と2月にこの枯れ木で撮影した皮膚がしベンガルオオトカゲの記事
雨季の花(6月、7月ぺブリ県)その1 (ヒガシベンガルオオトカゲ初登場です。)
7月の爬虫類(ぺブリ県)
2月のぺブリ県のトカゲ

 今日の写真のExif情報の詳細が必要な方は、フォト蔵 - ヒガシベンガルオオトカゲの子供 - 3月のぺブリ県のトカゲ その2 でご確認ください。

d726661e.jpg
<11/03/13撮影 ぺブリ県 D3S-DX VR 70-200mmF/2.8G ×1.7>

b663e958.jpg
<11/03/13撮影 ぺブリ県 D3S-DX VR 70-200mmF/2.8G ×1.7>

4857a7c4.jpg
<11/03/13撮影 ぺブリ県 D3S-DX VR 70-200mmF/2.8G ×1.7>

8c583776.jpg
<11/03/13撮影 ぺブリ県 D3S-DX VR 70-200mmF/2.8G ×1.7>

762292af.jpg
<11/03/13撮影 ぺブリ県 D3S-DX VR 70-200mmF/2.8G ×1.7>

ミズオオトカゲの赤ちゃん - 3月のぺブリ県のトカゲ その1

 今日は、
ミズオオトカゲ(Varanus salvator salvator、英名:Water Monitor Lizard)
の子供というよりまだ赤ちゃんですね。

 ぺブリ県の山岳地帯の国立公園内の小さなクリーク内の倒木の上で撮影しました。
 クリークの日の当たる河原で、ウラギンシジミやオナシウラナミシジミの開翅を撮影していてふと見ると、倒木の割れ目からこの子が顔を出していました。
 全長30cm弱、まだ生まれたばかりの子供のようです。
 
 寿命は10~15年といわれるオオトカゲ、2m以上の大物になるには何年かかるのでしょうか。

 今日のExif情報の詳細が必要な方は、フォト蔵‐ミズオオトカゲの赤ちゃん‐3月のぺブリ県のトカゲ その1 でご確認ください。

db261e41.jpg
<11/03/13撮影 ぺブリ県 D3S-DX VR 70-200mmF/2.8G ×1.7>

c2c40cf3.jpg
<11/03/13撮影 ぺブリ県 D3S-DX VR 70-200mmF/2.8G ×1.7>

edaddd1e.jpg
<11/03/13撮影 ぺブリ県 D3S-DX VR 70-200mmF/2.8G ×1.7>

b73b2bee.jpg
<11/03/13撮影 ぺブリ県 D3S-DX VR 70-200mmF/2.8G ×1.7>

46336355.jpg
<11/03/13撮影 ぺブリ県 D3S-DX VR 70-200mmF/2.8G ×1.7>

c3dcb3d5.jpg
<11/03/13撮影 ぺブリ県 D3S-DX VR 70-200mmF/2.8G ×1.7>

落ち着きのない暑季の日向のアゲハたち

 一昨日の記事に頂いたYODAさんからのコメントの返信に書いたように、今日は日向で翅を小刻みに動かしたり、周囲を飛び回ったりしながら吸水するアゲハの集団吸水です。

 2月の中旬にタイ気象台がタイ中部の暑季入りを宣言した直後の土曜日、ぺブリ県の山岳地帯の国立公園内の2月初めまで乾いていた川床に雨が降った後の湿ったところで撮影しました。

 集まっているアゲハは、Graphium属のマダラタイマイ、アリステウスオナガタイマイ、ミカドアゲハなどとpitmaniネッタイモンキアゲハなどでした。
 
 翅を小刻みに動かしながら吸水し、歩き回ったり飛び上がってまたもどるというような行動を繰り返していました。

 手持ちで撮ったので画像が安定していませんが動画も載せます。
 動画はまるで早回しのように見えますが、等速です。

 今日のExif情報の詳細が必要な方は、フォト蔵‐暑季の日向の落ち着きのないアゲハたち でご確認ください。


882019a7.jpg
<11/02/19撮影 ぺブリ県 D3S VR 70-200mmF/2.8G ×1.7>

61139bdd.jpg
<11/02/19撮影 ぺブリ県 D3S VR 70-200mmF/2.8G ×1.7>

3e2f2165.jpg
<11/02/19撮影 ぺブリ県 D3S VR 70-200mmF/2.8G ×1.7>

a3f57b40.jpg
<11/02/19撮影 ぺブリ県 D3S VR 70-200mmF/2.8G ×1.7>

706d47ed.jpg
<11/02/19撮影 ぺブリ県 D3S VR 70-200mmF/2.8G ×1.7>

1e6dacbb.jpg
<11/02/19撮影 ぺブリ県 D3S VR 70-200mmF/2.8G ×1.7>



[広告 ] VPS

20110219_FSCN2494 posted by (C)ピーミィ

テミレイシガケチョウ - イシガケチョウ亜科その2

 今日は、やはりこの時期ぺブリ県の山岳地帯の国立公園で目に付いたイシガケチョウの仲間、
テミレイシガケチョウ( Cyrestis themire themire=C.themire siamensis、英名:The Little Map)
です。

 キレバヘリグロイシガケという名もあるようです。

 昨日のマルバネイシガゲチョウをやや小型にして、翅色のコントラストを強くっしたようなイシガケチョウですが、生体はやや違いますね。
 昨日のマルバネイシガケチョウや本家のイシガケチョウ(C.thyodamas)が結構日向も好むのに、この子は直射日光が当たらない、やや明るい木漏れ日程度の木々が覆い被さるような、小さな小川沿いなどでよく見ます。
 
 この時も公園内の、そうした小川沿いの水の浸みた砂場や濡れた砂利の上に数頭から20頭くらいの小さな吸水集団を作っていましたが、非常に敏感で近くによると一斉に飛び経ってしまいます。
 
 今日の写真は何度かトライしてそーっと寄ってやっととれた写真です。

 今日のExif情報の詳細が必要な方は、フォト蔵‐マルバネイシガケチョウ でご確認ください。

501c2316.jpg
<11/03/19撮影 ぺブリ県 D700 VR 105mm F/2.8G ×1.4>

d3ca26e3.jpg
<11/03/19撮影 ぺブリ県 D700 VR 105mm F/2.8G ×1.4>

75724eca.jpg
<11/03/19撮影 ぺブリ県 D3S VR 70-200mmF/2.8G ×1.7>

90788052.jpg
<11/03/19撮影 ぺブリ県 D3S VR 70-200mmF/2.8G ×1.7>

3cccf50b.jpg
<11/03/19撮影 ぺブリ県 D3S VR 70-200mmF/2.8G ×1.7>

b5a43976.jpg
<11/03/19撮影 ぺブリ県 D3S VR 70-200mmF/2.8G ×1.7>

dd558ef2.jpg
<11/03/19撮影 ぺブリ県 D3S-DX VR 70-200mmF/2.8G ×1.7>

43b21b0b.jpg
<11/03/19撮影 ぺブリ県 D3S-DX VR 70-200mmF/2.8G ×1.7>

マルバネイシガケチョウ - イシガケチョウ亜科その1

 順番が逆になってしまいましたが、先週の日曜日にぺブリ県の山岳地帯の国立公園は、この蝶に覆われていました。

 公園ゲートから始まって、そこから20Kmほど、何十万頭という
マルバネイシガケチョウ(Cyrestis cocles cocles、英名:The Marbled Map)
が舞ったり、集団吸水したりとそこらじゅうこの蝶だらけでした。

 草葉の陰、ゾウの塩舐め場、水際と日陰、日向を問わず至る所に数百から数千頭の大集団ができていました。

 今日の最後の2枚は、その週の週末の土曜日、午前中にトガリシロチョウが盛んに山を下りていた日のゾウの塩舐め場に出来ていた吸水集団が飛び上がった後の様子です。

 他の蝶もそうですが、日陰にできている集団は落ち着いていて結構近づいても集団は崩れませんが、日向にできている集団はかなり敏感で落ち着きがなく、近づくと飛び散ってしまう場合が結構あります。

 今日のExif情報の詳細が必要な方は、フォト蔵‐マルバネイシガケチョウ でご確認ください。

6c03efec.jpg
<11/03/13撮影 ぺブリ県 D3S-DX VR 70-200mmF/2.8G ×1.7>

f400e49a.jpg
<11/03/13撮影 ぺブリ県 D3S-DX VR 70-200mmF/2.8G ×1.7>

6b06ef09.jpg
<11/03/13撮影 ぺブリ県 D3S VR 70-200mmF/2.8G ×1.7>

e9192b25.jpg
<11/03/13撮影 ぺブリ県 D3S VR 70-200mmF/2.8G ×1.7>

e74327c0.jpg
<11/03/13撮影 ぺブリ県 D3S VR 70-200mmF/2.8G ×1.7>

504ed286.jpg
<11/03/13撮影 ぺブリ県 EX-FH25>

[高画質で再生]マルバネイシガケチョウの集団吸水
<11/03/13撮影 ぺブリ県 EX-FH25 High-Speed動画、スロー再生>

ffe8c290.jpg
<11/03/13撮影 ぺブリ県 D3S-DX VR 70-200mmF/2.8G ×1.7>

f4508398.jpg
<11/03/13撮影 ぺブリ県 D3S VR 70-200mmF/2.8G ×1.7>

fa877ad0.jpg
<11/03/13撮影 ぺブリ県 D3S VR 70-200mmF/2.8G ×1.7>

50693eef.jpg
<11/03/13撮影 ぺブリ県 D3S VR 70-200mmF/2.8G ×1.7>

5e5ebf7c.jpg
<11/03/13撮影 ぺブリ県 D3S VR 70-200mmF/2.8G ×1.7>

379ab523.jpg
<11/03/19撮影 ぺブリ県 D300 NK Fisheye 10.5mm F/2.8G ×1.5>

abdff30a.jpg
<11/03/19撮影 ぺブリ県 D300 NK Fisheye 10.5mm F/2.8G ×1.5>
アクセスカウンター

    livedoor プロフィール
    Facebookページ
    最新コメント
    記事検索
    カテゴリ別アーカイブ
    メッセージ
    参考累計アクセス数(含FC2)
    アクセスカウンター
    アクセス数(Livedoorへ引越後)
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    • ライブドアブログ
    トップに
    戻る