Naturing Thailand

 タイと仕事で関わりを持って25年以上が過ぎました。 昨年、病のため2度目の駐在からやむなく帰国。 また、タイに行きたいと思っています。 はじめはタイで遺跡や仏像を中心に撮っていましたが、いつのまにか蝶や動植物が主になってしまいました・・・

October 2010

トロロアオイ - 10月のカオ・キァオの花 その4

 先週から日本はかなり寒いようですが、タイ中部地方も今日は熱帯にしてはとっても寒かったです。 

 昨日の土曜日は、朝の便で日本に帰る出張者の見送りがあったため、山へ撮影に行く準備をして朝5:45にホテルに迎えに行って空港へ送り、そのままプラチンブリ方面からカオヤイ国立公園に行ってきました。
 朝7時の時点の公園ゲートをくぐる前のプラチンブリの気温は25℃。
 この時点では天気もいいし、今日はたくさんの蝶が期待できると思って上ったら大間違いでした。

 ゲートを過ぎて間もなくだんだん風が強くなってきました。
 いつも寄るヘウナロック滝休憩所に近づいた時には、かなり強烈になっていました。
 こんな強い風はここカオヤイで見たことがありません。
 道路の周囲の木々の枝葉や、草が激しく波打ち、風音もものすごい音です。
 ところどころにかなり太い枝が落ちています。
 
 案の定、ヘウナロック滝休憩所まであと数百メートルというところに直径17、8cmの木が枝葉もろとも倒れて道路を塞いでいました。

1f18f3f4.jpg
<10/10/30撮影 カオヤイNP COOLPIX P7000>
 車道の幅いっぱいに、道路を丸々塞ぐように倒れています。
 ほんの一分ほど前に対向車とすれ違いましたので、倒れたばかり。
 私が車を下りて、押したり引いたりしましたがびくともしません。

209ed268.jpg
<10/10/30撮影 カオヤイNP COOLPIX P7000>
 倒れた木の向こう側に渡って撮った写真。
 写真左手が根本側です。向こう側に見えるカムリがこの日乗ってきた車です。

 運転手(今日も先日ゾウに遇った時と同じスラポン君です)と二人で木の先のほうに車一台通れるスペースを作り、なんとか通って休憩所まで行き、公園レンジャーに伝えました。

 その後、カオキァオ山に上がりましたが、早朝の下界とは異なり、曇って冷たい風が吹いて正直寒かったです。
 朝9時にキララ第1ポイントで20℃、山頂で15℃。
  
 そういえば、カオキァオ山を降りるとき「タイの自然と風景」のカオヤイさんに偶然行き会いましたが、カオヤイさんも今日は寒くて蝶はさっぱりとおっしゃっていました。

 その後、午後2時前には再度キララ第1ポイントに降りましたが気温は朝より下がっていて18℃。
 やはり、ほとんど蝶は現れませんでした。

 タイもいよいよ、寒季入りですね。

 今日は、引き続き先週の日曜日と月曜日(タイは土曜日10月23日(チュラロンコン・メモリアルデー)の代休で25日が休みでした。)に撮影した、Khao Khiew山の花で、
トロロアオイ(Abelmoschus manihot)
です。
 
 同じトロロアオイ属に分類されるアフリカ原産といわれるオクラに花が似ているので花オクラとも呼ばれるそうです。
 また、花びらが横の方向を向いて咲くため、側近盞花(そっきんさんか)とも呼ばれるそうです。
 
 Wikipediaによると、花は朝に咲いて夕方にしぼみ、夜になると地面に落ちるようです。
 根をすりつぶした粘液が和紙をすくときに使われ、この粘液の粘りから「トロロ」という名が来ているんですね。
 
 直径10cm弱の淡黄色の大きな花で、花の中心部は濃紫色になっていました。

 Exif情報の詳細が必要な方は、フォト蔵‐トロロアオイ でご確認ください。

547298d8.jpg
<10/10/25撮影 カオヤイNP D700 VR 16-35mm F/4G>

9d42f954.jpg
<10/10/25撮影 カオヤイNP D700 VR 16-35mm F/4G>

f77e0db1.jpg
<10/10/25撮影 カオヤイNP D700 VR 16-35mm F/4G>

945b8911.jpg
<10/10/25撮影 カオヤイNP COOLPIX P7000>

8c8807bd.jpg
<10/10/25撮影 カオヤイNP COOLPIX P7000>

6bb52b8c.jpg
<10/10/25撮影 カオヤイNP COOLPIX P7000>

09afa24d.jpg
<10/10/30撮影 カオヤイNP D700 VR 105mm F/2.8G ×1.4>
 この写真と次の写真は昨日撮影した蕾です。

42d3d3e9.jpg
<10/10/30撮影 カオヤイNP D700 VR 105mm F/2.8G ×1.4>



 
 

スパソグロティス・アフィニス - 10月のカオ・キァオの花 その3

 今日は黄色いラン、
スパソグロティス・アフィニス(Spathoglottis affinis)
です。

 昨年も同じ所で撮った花をUPしましたし、今年も8月に同じところで既に咲いている花をUPしてあります。
 いずれも5分~7分咲きで、撮影日は昨年が8月12日、今年は8月21日でした。

 いずれも5分~7分咲きで、撮影日は昨年が8月12日、今年は8月21日でした。

 今年は、4、5月が18年ぶりの大干ばつ、今月が大洪水とたいへんな気候のタイ中部から東北部地域でしたから、花期もめちゃくちゃな気がします。
 
 ということで、8月21日とは別の株ですが、同じくカオヤイ国立公園内のKhao Khiew山に登る道路沿いに今週の日曜日に咲いていました。
 
 Exif情報の詳細が必要な方は、フォト蔵‐Spathoglottis affinis2010 でご確認ください。

73072725.jpg
<10/10/24撮影 カオヤイNP D700 VR 16-35mm F/4G>

47413bf9.jpg
<10/10/24撮影 カオヤイNP D700 VR 16-35mm F/4G>

933e7c2e.jpg
<10/10/24撮影 カオヤイNP D700 VR 16-35mm F/4G ストロボ>

a708bb33.jpg
<10/10/24撮影 カオヤイNP D700 VR 16-35mm F/4G ストロボ>

58937b67.jpg
<10/10/24撮影 カオヤイNP D700 VR 16-35mm F/4G ストロボ>

Sonerila griffithii - 10月のカオ・キァオの花 その2

 今日は、昨日に続いて日曜日に撮影したKhao Khiew山の花です。
Sonerila griffithii

昨年末発売されたタイの切手の2010年新年野の花シリーズの3バーツの切手になっていました。

Sonerila.jpg

 ノボタンのなかまで、草本。スミレと同じくらいの大きさの草姿です。
 葉は尖って表面に毛がなく、中央葉脈に沿って白点が並びます。
 おしべとめしべの基軸が赤紫で花茎や葉柄は赤茶色になっています。
 
 直接日の当たらない、日蔭に咲いていました。
 この日はもう花期の最後ですね。
 蕾は残っておらず、この咲いている花が最後のようでした。

 Exif情報の詳細が必要な方は、フォト蔵 ‐ Sonerila griffithii でご確認ください。

98e429f0.jpg
<10/10/24撮影 カオヤイNP D700 VR 16-35mm F/4G ストロボ>

8da2d851.jpg
<10/10/24撮影 カオヤイNP D700 VR 16-35mm F/4G ストロボ>

371fffa0.jpg
<10/10/24撮影 カオヤイNP D700 VR 16-35mm F/4G ストロボ>

8a31ac56.jpg
<10/10/24撮影 カオヤイNP D700 VR 16-35mm F/4G ストロボ>

9305e215.jpg
<10/10/24撮影 カオヤイNP D700 VR 16-35mm F/4G ストロボ>

2968bc13.jpg
<10/10/24撮影 カオヤイNP D700 VR 16-35mm F/4G ストロボ>

ダイサギソウ - 10月のカオ・キァオの花 その1

 今日は、
ダイサギソウ(Habenaria dentata)
です。

 今週の日曜日、カオヤイ国立公園で野生のゾウに出くわす前に最高峰のカオ・キァオ山に登っていました。
 先週四国在住の「仲良し夫婦de蝶ブログ」のヒナさんがUPされたダイサギソウのお写真を拝見して、昨年開花後と今年の8月に草刈りに遭っていたカオ・キァオ山の道路沿いのダイサギソウがどうなったか気になったからです。

 昨年は9月26日に五分咲きでしたが、今年は8月8日カオ・キァオ山に上がった時に、同じ場所が草刈りに遭って影も形もありませんでした。

 でも、ちゃんと生き残っていました。
 昨年と同じ場所も、新たに増えたと思える場所も時期的には例年よりかなり遅いですがちゃんと咲いていました。
 ただし、いったん刈り取られたためかそれとも今年の天候不順のためか分りませんが、蕾だけのものから満開、花が終わった直後で花ガラ付きのもの、既に種だけのものといろいろな株が同じ場所にありました。
 一番多かった満開の株が多分8月に草刈りに遭った株でしょうね。

 Exif情報の詳細が必要な方は、フォト蔵‐ダイサギソウ2010 in Khao Khiew, Khao Yai NP でご確認ください。

b6b4d74e.jpg
<10/10/24撮影 カオヤイNP D700 VR 16-35mm F/4G ストロボ>
 昨年、今年の8月と草刈りに遭った場所の群落です。
 でも、ちゃんと花が咲いてくれていました。

951bcddf.jpg
<10/10/24撮影 カオヤイNP D700 VR 16-35mm F/4G ストロボ>

ce75ff07.jpg
<10/10/24撮影 カオヤイNP D700 VR 16-35mm F/4G ストロボ>
 ポツンと1本だけ道路際で咲いていた株です。
 荒れ地に最初に進出するパイオニア植物のひとつに数えられるダイサギソウ。
 種が飛んで咲いた最初の花ですね。
 立派な群落に育ってほしいですね。

1add00fa.jpg
<10/10/24撮影 カオヤイNP D700 VR 16-35mm F/4G>
 ここからは、やはり8月に草刈りに遭った別の群落です。
 霧が出て、雨が降った後にまた戻って撮影しました。
 雨にぬれた白い花弁、清々しくて良いですね。

742cb6ff.jpg
<10/10/24撮影 カオヤイNP D700 VR 16-35mm F/4G>
 この群落には、このようにまだ蕾の株から、もう花が咲き終わって種だけになった株までいろいろな状態の株が混在していました。

5165b74e.jpg
<10/10/24撮影 カオヤイNP COOLPIX P7000 ストロボ>
 8分咲きです。

b05fb04a.jpg
<10/10/24撮影 カオヤイNP D700 VR 16-35mm F/4G>
 満開ですね。

b4f5d085.jpg
<10/10/24撮影 カオヤイNP D700 VR 16-35mm F/4G>
 花が終わった直後で、まだ花ガラが付いています。

60d8960f.jpg
<10/10/24撮影 カオヤイNP D700 VR 16-35mm F/4G>
 花が終わって結構経つ株ですね。
 種だけになっています。

 

ウスグロシロシタセセリ - チャマダラセセリ亜科その5

 今日は、
ウスグロシロシタセセリ(Tagiades japetus ravi、英名:The Common Snow Flat)
です。

 タイ中部カオヤイ国立公園のキララ第一ポイントとサラブリ県の滝のある国立公園にて撮影しました。
 カオヤイ国立公園で撮影した場所と時間は先週のガナシロシタセセリと同じ花ですね。

 最後の写真、うまく石の上に出てくるところを斜め下側から撮影して、この仲間ではめったに見れない翅の裏面を写せました。

 Exif情報の詳細が必要な方は、フォト蔵-ウスグロシロシタセセリ にてご確認ください。

4bd97739.jpg
<09/12/13撮影 カオヤイNP D300 VR 300mm F/2.8G ×1.7>

56eb8973.jpg
<09/12/13撮影 カオヤイNP D300 VR 300mm F/2.8G ×1.7>

7eb13483.jpg
<10/01/31撮影 サラブリ県 D300 VR 300mm F/2.8G ×1.7>

cf9fba0c.jpg
<10/01/31撮影 サラブリ県 D300 VR 300mm F/2.8G ×1.7>

6a6c513d.jpg
<10/01/31撮影 サラブリ県 D700 VR 105mm F/2.8G ×1.4>
アクセスカウンター

    livedoor プロフィール
    Facebookページ
    最新コメント
    記事検索
    カテゴリ別アーカイブ
    メッセージ
    参考累計アクセス数(含FC2)
    アクセスカウンター
    アクセス数(Livedoorへ引越後)
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    • ライブドアブログ
    トップに
    戻る