Naturing Thailand

 タイと仕事で関わりを持って25年以上が過ぎました。 昨年、病のため2度目の駐在からやむなく帰国。 また、タイに行きたいと思っています。 はじめはタイで遺跡や仏像を中心に撮っていましたが、いつのまにか蝶や動植物が主になってしまいました・・・

オオムラサキツバメ ‐ シジミチョウ科その24

 昨日宣言した通り、今日都心のマンションに戻りました。

 一昨日UPした写真ではまだ強制排除の爪痕が私のマンション周辺にもたくさんあって、ゴミや燃えカスが散乱していてとても通常の風景とは言い難いものがありました。
 しかし、昨日、今日と都の清掃局、ボランティア、周辺マンションホテルのスタッフの努力ですっかりきれいになりました。
 ボランティアの方、周辺ホテル、マンションのスタッフの方たち、重ね重ねありがとうございました。

 今日の都心の私のマンションの周辺の様子、放火されて焼け落ちたセントラルワールドプラザの残骸、その通りの向かいのゲイソンプラザのショーウィンドウに残る銃弾の跡などは、「リンク:今日のバンコク都心(5月24日) ‐ 番外編(バンコクその2)」でご覧下さい。



 さて本題です。

 今日は、
オオムラサキツバメ(Arhopala pseudocentaurus nakula)
です。

 薄暗い林の中、世界歴史遺産の砂岩の城壁沿い、山岳地帯の小川沿い、カンカン照りの池のほとりと本当にいろいろなところで見かけますが、ほとんど翅を開いてくれません。
 それなのにどれもこれもそっくりなムラサキツバメの中でこの種を良く見かけるなどと言えるかというと、
 1).このオオムラサキツバメは名前の通り小型のタテハかシジミタテハ並みに大きいこと、
 2).翅の裏面に何本か並ぶ黒い帯を囲む線条のうち、前翅裏面中央の3つの帯を囲む縦の線条6本の一部が太くはっきりした白線になっており、この白線6本のうちの4~5本の上部が翅を閉じても後翅の上に少し青白い点となって見えること、
などの特徴があるからですね。
 
 この白い点が無く、一回りから二回りくらい小さなムラサキツバメの仲間の翅を閉じて停まった写真はたくさんあるのですが、どれがどれか、私にはさっぱり同定できません。

------(訂正)---------------------------------------------------------------------------------------

 UPした写真中、3枚めと4枚目にUPしたサラブリ県で撮影したシジミチョウは「エグリシジミ(Mahathala ameria)」の誤りでした。
 撮影日も10/04/06(チャクリ王朝記念日の休日)の誤りでした。
 今回も、acraeoidesさんにご指摘いただきました。
 いつも、ご指摘ありがとうございます。 
----------------------------------------------------------------------------------------------------


 Exif情報の詳細が必要な方は、フォト蔵‐オオムラサキツバメ2010でご確認ください。

1743bdef.jpg

<10/03/28撮影 ぺブリ県 D300 VR 300mm F/2.8G ×1.7>
カンカン照りの池の畔で吸水中のオオムラサキツバメ。

d6e6b75f.jpg

<10/03/28撮影 ぺブリ県 EX-FH25 HSパスト連射>
上の写真の個体が飛び立つところ。

(訂正)次の2枚の写真は、オオムラサキツバメではなく、「エグリシジミ(Mahathala ameria)」の誤りでした。
075a74d7.jpg

10/04/1010/04/06撮影 サラブリ県 D700 VR 105mm F/2.8G ×1.4>
サラブリ県の滝のある国立公園の林の中。

e0cb7e62.jpg

10/04/1010/04/06撮影 サラブリ県 D700 VR 105mm F/2.8G ×1.4>

dae57f9e.jpg

<10/04/10撮影 ぺブリ県 D300 VR 70-200mmF/2.8G ×1.7>
ぺブリ県の山岳地帯の国立公園内のルリカワセミのいる小川沿いの薄暗い林の中。

6666b8e4.jpg

<10/04/10撮影 ぺブリ県 D300 VR 70-200mmF/2.8G ×1.7>
同じくぺブリ県の山岳地帯の国立公園の中を流れる小川の木漏れ日の当たる河原にて。
 

今日のバンコク都心(5月24日) ‐ 番外編(バンコクその2)

 昨日宣言した通り、今日の午後都心のマンションに戻りました。

一昨日はまだ、強制排除の跡も生々しくゴミやタイヤの燃えた残骸、黒い煤などがマンションのあるソイやラチャダムリ通りに残っており、とても帰って生活できるような環境ではありませんでした(リンク:22日のバンコク都心)。

 しかし、昨日の記事に書いたように昨日今日の都の清掃局、ボランティアの方たち、周辺ホテルやマンションのスタッフの方たちの努力ですっかりきれいになっていました。
 
 ボランティアの皆さん、周辺ホテル、マンションのスタッフの皆さん本当にありがとうございました。

 まずは、私のマンションのソイとラチャダムリ通りの入り口フォーシーズンズホテルの北西角です。

 リンク:一昨日は、タイヤの燃え跡と黒いすすでいっぱいでしたが、すっかりかたづいています。
 今日もフォーシーズンズホテルのスタッフの方たちは清掃を続けていました。
bb490354.jpg

474bf46b.jpg

574d2bac.jpg
一昨日の写真と比較していただければ、一目瞭然ですね。
緑色のポールが一本根元から折れていますが、それ以外はもう元のハイソの街並みです。
ソイ(路地)の入り口左が高級ブランドショッピングモールの老舗ペニンシュラプラザ、右手が五つ星ホテルのフォーシーズンズホテルです。

 ソイに入って20m位、ペニンシュラプラザフォーシーズンズホテルの間でゴミとタイヤが燃やされたんですね。
 ペニンシュラプラザの裏の駐車場入り口わきの木が、ソイ側三分の二が茶色く焼け焦げて枯れていました。
0f5be22f.jpg
 生きている緑色の部分と焼け焦げて枯れてしまった部分の対比が悲しいです。

fe7406fc.jpg
 黒く焼けてしまった木の葉です。

 ラチャプラソン交差点まで行き、放火されたセントラルワールドプラザも見てきました。
 よく訪れていたSONYショップカメラ店の部分は崩壊して崩れ落ちてしまっています。
e82df38a.jpg
残り火でしょうか、煤洗いでしょうか、2台の放水車が放水を続けていました。

0703f6bc.jpg
ちょうどZENデパートSF World Cinemaの間の抜け落ちた部分にSonyショップとカメラ店があり、マンフロットの一脚や三脚、Loweproのカメラザックなどはここで買っていました。
とっても残念です。

319379ee.jpg

fefda1a8.jpg

 通りを挟んで向かいの高級ブランドショッピングセンターのゲイソンプラザのラチャダムリ道路沿いの高級ブランドだけのショーウィンドウには銃撃の跡や物を投げつけられて割れた跡が生々しく残っており、軍による強制排除時の衝突、銃撃戦の激しさがわかります。
 不思議なことに交差点近くのLOUIS VUITTONの3つのショーウィンドウだけが無傷でした。

 写真順に、FENDI、FENDI、CELINE、Dior、LOEWE、GUCCI、Ermenegildo Zegna、EMPORIO ARMANI、LOUIS VUITON、LOUIS VUITTON。
2d826548.jpg

1ea948df.jpg

b0507413.jpg

85f8c66b.jpg

e42a7ac0.jpg

6850e33d.jpg

2346a143.jpg

043d1dc6.jpg

d051eda3.jpg
不思議なことに唯一無傷なLOUIS VUITTONのショーウィンドウの一つです。

c9539682.jpg
こちらも無傷です。

今日のバンコク(5月23日) ‐ 番外編(バンコク)

 夜間外出禁止令が時間を短縮して25日朝までの2日間延長されました。
 
 それでも、バンコクと全体でみるとこの土曜日、日曜日は全く元の状態に戻ったようです。
 
 でも、まだ強制排除のあった中心部は復興途上ですね。
 
 先ほど、私のマンションに行ってきました。

 昨日は、昨夜UPした記事のようにマンション周辺はまだ車が入れるような状況ではなく、燃えカスのタイヤやゴミが散乱しており、デモ隊が使用したトイレなどもまだ置いてありました。
 今日は、都の清掃局ボランティアの方々、そして周辺住人の人たちがプロンチット通りのチットロム交差点からラチャプラソン交差点のエラワン梵天堂側とラチャダムリ通りのラチャプラソン交差点からソイ サラシンまでを清掃し、午後4時には片側ですがソイ サラシンから車でエラワン梵天堂の前まで行くことができました。
 ボランティアの方、周辺のホテル、マンションのスタッフの方に感謝です。 

 本当にありがとうございます。

 私のマンションの管理室のJoe君からも昨日、今日と時間を追って様子を知らせるメールをもらって大感謝です。
 先ほど、マンションでJoe君に会って、感謝を直接伝えるとともに、彼から貰ったメールがラチャダムリ通り近辺の復興状態を伝えるのに最適なので使わせてほしいと頼んだところ快諾してくれたので、ここに掲載します。

 マンションはまだ固定電話が使えなかったり、ケーブルTVが使えなかったりと問題はありますが電気も水道も問題なく使えます。
 それより、今日マンションに出ていたJoe君やガードマンのみんなに「ネハーン ワンナイ チャ カップマー ナ クラップ」」(何日に帰ってくるんですか?)と笑顔で聞かれましたので、帰んなきゃなんないですね。
 
 明日には、マンションに戻ろうと思っています。


本日のJoe君からのメールです。

From: Joe BKK
Sent: Sunday, May 23, 2010 5:08 PM
To: ****************
Cc: ****************
Subject: Fwd: Update May 23 - Curfew & BTS

Dear Tenants,

Please note that the government has extended the curfew to be effective as follows;-

- Sunday (May 23), 11 pm - Monday (May 24), 4 am
- Monday (May 24), 11 pm - Tuesday (May 25), 4 am

The authorities will review on Tuesday whether further extension is necessary.

The BTS skytrain will shorten the services from until 10 pm to 9 pm today and tomorrow. The Ratchadamri Station will remain out of service due to damages. According to the BTS hotline (02-617-6000), repairs might take a week before services can resume.

In case of questions, please feel free to let us know. Thank you very much.

Best Regards,
Joe

---------- Forwarded message ----------
From: Joe BKK
Date: Sun, May 23, 2010 at 3:56 PM
Subject: Fwd: Update May 23 - Cleanup
To: ****************
Cc: ****************

Good afternoon,

At 4 pm, Sarasin Junction is more or less open. Most of Ratchadamri Road has been cleared and our Soi sprayed with water. Now, the cleanup has moved towards and is very active at Ratchaprasong Intersection. Kudos to thousands of volunteers!!! Our staff has been part of the effort as well :)

Thank you,
Joe

---------- Forwarded message ----------
From: Joe BKK
Date: Sun, May 23, 2010 at 10:50 AM
Subject: Fwd: Update May 22-23 - Ratchadamri Road
To: ****************
Cc: ****************

Good morning,

At the moment (10.50 hr), the city and volunteers are cleaning up Ratchdamri Road and Ploenchit Road (from Mater Dei School to the Erawan Shrine). Coming in by car this morning may be difficult. We will send you another update in the afternoon. Thank you,

Best Regards,
Joe



 これが、大都会バンコクの夕景です。

2bad2060.jpg
ホテルの客室の窓から、真西に沈む熱帯の太陽を写しました。
正面の大きな建物は1997年のアジア通貨危機の時に建設途中で放棄されたビルの残骸です。
この建物のすぐ右手奥の小さく映った白いビルの向こうが、銃撃戦やタイヤ、建物への放火のあったディンデーン地区。
この建物の左手、」背の高い84階建てのバイヨックタワーのさらに左手が、中心地セントラルワールドプラザやラチャプラソン交差点のある地域。

23b10442.jpg
写真奥の高速道路の向こうの高層ビル群がパトゥーナム(Water Gate、センセープ運河の水門があるのでそう呼ばれる)エリア。
このエリアの南側(左手)部分がセントラルワールドプラザやラチャプラソン交差点がある中心地。
写真左端で半分に切れたビルを入れて2本目と3本目のビルがセントラルワールドエリアの高層オフィスと高級コンドミニアムでその間に大ショッピングモールのセントラルワールドプラザがあります。
19日夕刻から20日にかけて、」ここから黒煙がもうもうと上がっていました。
写真左端で半分に切れた建物は、ラチャプラソン交差点から東に2本目のビルプレジデントタワー。

08d6c2f5.jpg
手前の高速道路、その向こうの建設中のスカイトレイン空港線の向こうに横に広がるビル林が、都の商業の中心地区プロンチット通り沿いのビル群。
左側のとんがり頭のビルはウィタユ通りのオールシーズンズプレイス。
このウィタユ通りの南端、日本大使館の南のラマ4世通りとの交差点は銃撃戦の場となりました。

da813718.jpg
都心部と打って変わって高層ビルの少ない都心北西側です。

ムラサキテングチョウ ‐ テングチョウ亜科その3

 22日のバンコクは、昨日午後2時前後のアピシット首相による秩序回復宣言のTV演説により、いつもの姿に戻ったようです。

 現在午後7時、ホテルの窓から見える首都高速道路は車がいつもの平日並みの多さです。
 午後6時ごろも、ホテル前のラチャダピセーク通り、ラマ9世通りなどは金曜日の夕方なみの大渋滞でした。
 みんな今夜も夜間外出禁止令があって警察や軍が拠点ごとに検問をやっていることなど無視ですね。
 要するに、バンコクっ子の行動も平常に戻りつつあります。

 ただ、まだ軍が先週から封鎖した地域は車の入場も制限され、入場を許された車も先週金曜日時点のデモ隊のバリケード外側までしか入れませんでした。
 車を置いて、その内側に歩いて入ることは出来ましたが、ラチャダムリ通りやソイ サラシンなどは兵隊に午後6時までだよと言われました。
 今日はなんとか歩いて、1週間ぶりに、ラチャプラソンのすぐ南のソイにあるマンションまで、洗濯と荷物取りに行ってきました。

 今日は本題のテングチョウの前にまず、強制排除地区のその後の様子を写真でお伝えします。
 
 今日の写真はすべて16:30から17:00の間に、CasioのExilim EX-FH25で撮影しました。

dcdc4f8b.jpg
南側のラチャダムリ通りから見たラチャプラソン交差点。
テント類はすでに片づけられていました。
高所作業車が出てやっているのは、電線類などの復旧でしょうか。

a5b013e6.jpg
フォーシーズンズホテルの向かい側から、ホテルを撮影。
テントなどはなくなっていますがゴミの山です。
腐敗臭もします。

d47ea27d.jpg
タクシン元首相の写真入りの ノー・ポー・チョー 反独裁民主主義同盟(UDD)の旗が、ゴミの山の上でむなしく揺れていました。

71cf7035.jpg
このアングルですと、正面に放火のあったBig C、左手上にちょっと見えるのがセントラルワールドプラザの上層ホテル部分。
検問のためにラチャダムリ通りに兵士が常駐しています。

1026d197.jpg
フォーシーズンズホテルとソイ マハレックルアン1で燃やされたタイヤの残骸。
写真右端上奥に見えるのが、強制排除中に激しく破壊された、BTSラチャダムリ駅。
明日のBTS全面再開にもこのラチャダムリ駅だけは停まりません。

6279c24a.jpg
デモ隊の人たちが食事やシャワーに使っていた消火栓(フォーシーズンズホテル前)。

a2666b4f.jpg
タイヤが燃やされたT字路。
このソイが私の住むマンションのあるソイ。

a7ae6462.jpg
トイレに残るアピシット首相を非難する張り紙。
「殺戮者アピシット」「独裁政権」などと書いてあります。

0657ea20.jpg
ソイ サラシンはきれいに片付いていましたが、まだ軍用車と兵士たちが。

37c54e75.jpg
自分たちで掃除をして再開に備える、デモ隊のバリケードの内側だったプロンチット通りのアユタヤ銀行本店。

ee69b0c0.jpg
プロンチット通りから来てウィタユ通りにあたるところにはまだ軍の検問。
私のようにこの内側の住居や勤め先があることを証明しないと入れてもらえません。
慣れても銃を構えた何人もの兵士による検問は、毎回緊張します。

af54b255.jpg
行き先、目的、身分などを詳しく聞かれます。




 さて本題です。

 今日は、
ムラサキテングチョウ(Libythea geoffroyi alompra)
です。

 オスの翅がテングチョウの仲間で唯一青紫色をしている種類です。

 昨日のアジアテングとこのムラサキテングは、陽当たりの悪いところでも吸水していました。

 今日の写真はすべてぺブリ県の山岳地帯の国立公園で撮影したもので、そのうち3枚目以外はすべて国立公園の中を流れる小川の木漏れ日が少しだけ当たる岸辺でストロボ撮影したものです。
 
 やはり停まるときは必ず翅を閉じるし、前2種より警戒心が強く近づくと直ぐに飛び立ってしまいました。
 ですから、オスの翅表の紫色は飛んでいるときにちらちら見えるだけでした。

 Exif情報の詳細が必要な方は、フォト蔵‐タイ中部のテングチョウ3種でご確認ください。

8261daa6.jpg
<10/04/24撮影 ぺブリ県 D300 VR 105mm F/2.8G ×1.4 ストロボ>

98b3b0a1.jpg
<10/04/24撮影 ぺブリ県 D300 VR 105mm F/2.8G ×1.4 ストロボ>

968704af.jpg
<10/04/24撮影 ぺブリ県 D700 VR 300mm F/2.8G ×1.7>

48c6beb6.jpg
<10/04/24撮影 ぺブリ県 D300 VR 105mm F/2.8G ×1.4 ストロボ>
 停まるときは、必ず翅を閉じるテングチョウ、飛ぶときにだけ薄紫の翅の表が見えました。

22f5f310.jpg
<10/04/24撮影 ぺブリ県 D300 VR 105mm F/2.8G ×1.4 ストロボ>

11c9accd.jpg
<10/04/24撮影 ぺブリ県 D300 VR 105mm F/2.8G ×1.4 ストロボ>

b676805e.jpg
<10/04/24撮影 ぺブリ県 D300 VR 105mm F/2.8G ×1.4 ストロボ>

アジアテングチョウ - テングチョウ亜科その2

 今日もまずバンコク情勢から。

1.今朝は非常に天気が良く、私のホテルの客室から見える都心部は、朝焼けに照らされて非常にきれいでした。
 昨日までの、火災の煙も一掃され、南は川沿いの高級ホテル群から北はムアントンタニのコンドミニアム林まで、西はノンタブリのあたりまで良く見えます。
 火災による煙は見える範囲の都中心と西側には一本も上がっていません。

2. 今日は、午前10時過ぎに首都高速でクロントゥーイまで行き、クロントゥーイからラマ4世道路まで行ってきました。
 ラマ4世は昨日はプラカノンからソイ26までしか行けませんでしたが、今日は高速入り口までは行けました。
 ただ、火事で全焼した首都電力公社の前は片側車線だけでしたね。
 そこから、鉄道沿いにスクンビットまで北上しましたが、ちょうどまた作戦のため軍幹部が中心部へ入るで2時間封鎖すると言われ、そこから都心部へは行けませんでした。
 今日昼の時点では、ちょうどチャラーム・マハナコーン高速(通常ディンデーン高速と呼んでいる首都高速)から西側がラマ4世、スクンビット、ぺブリ、ディンデーン‐アヌサワリーとも封鎖状態でした。
 その後、一部は通れるようになったらしいですね。

3.一昨日から爆弾の被害でテロップしか流せていなかったチャンネル3が復旧。
 午後1時55分からアピシット首相のTV演説を見聞きしました。
 12:15からやると発表があって1時間半遅れでわずかに15分間。
 ただタイ語だけではなくて英語の要約もアピシット首相自ら発表しました。
 内容は、「国際的な基準と法にしたがって国民の生命を守り、秩序回復に努めた。今、心配なのは影響を受けた国民の心。 将来的には治安の維持、国民を害している規則の撤回や公正な司法手続きなどを進める。国民和解を進めたい。」という趣旨で、経済回復などにも言及していました。

4.その後、TVのニュースの中でサイアム・スクエアの商店の人たちが、店の前でインタヴューを受けているのを見ました。
 中心部にも一部は入れるようになったようです。

5.シーロムやスリウォンに事務所のある友人たちから、今日やっと今週初めて事務所に入れたというメールや電話がいくつか入ってきました。
 復旧は確実に進んでいますね。

6.日本人商工会議所より、本日タイ政府から今回のデモに関して損害を被った企業に対する「支援センター」の設置について案内があり、問い合わせたところ、
・同センターにおいて企業に生じた被害の補償の受付を行う
・被害補償受付の対象は火災・盗難等の直接的被害、売上減等の間接的被害、地域、企業規模などは問わない。
などの回答があった旨、連絡がありました。




 さて本題です。

 今日は、
アジアテングチョウ(Libythea narina rohini)
です。

 昨日のキオビテングチョウに比べると、全体的に白っぽいイメージです。
 翅の裏面の地色が白っぽい上に、斑紋の色も昨日のキオビがオレンジ色をしていましたが、こちらはほとんど白色です。

 昨日のキオビテングチョウと同じく日当たりの良いところで良く見かけましたが、暑季のぺブリ県の山岳地帯の国立公園、カオヤイ国立公園のラムタコーン川沿いはこちらのほうが多かったように思います。

 この子もやはりほとんど翅を開いて停まってくれませんでした。
 
 今日の写真は、1枚目がカオヤイ国立公園の園内の滝の近くにある駐車場の脇、2枚目以降がぺブリ県の山岳地帯の国立公園内のゾウの泥浴び場が乾いて凸凹になった場所です。

 Exif情報の詳細が必要な方は、フォト蔵‐タイ中部のテングチョウ3種でご確認ください。

0afb06c7.jpg
<10/01/09撮影 カオヤイNP D300 VR 300mm F/2.8G ×1.7>

1a9d0e26.jpg
<10/03/28撮影 ぺブリ県 EX-FH25 >

f35b0197.jpg
<10/03/28撮影 ぺブリ県 EX-FH25 >

b6c15188.jpg
<10/04/10撮影 ぺブリ県 D300 VR 300mm F/2.8G ×1.7>

f1afb8dd.jpg
<10/04/10撮影 ぺブリ県 D300 VR 300mm F/2.8G ×1.7>
アクセスカウンター

    記事検索
    livedoor プロフィール
    Facebookページ
    最新コメント
    カテゴリ別アーカイブ
    メッセージ
    参考累計アクセス数(含FC2)
    アクセスカウンター
    アクセス数(Livedoorへ引越後)
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    • ライブドアブログ
    トップに
    戻る